見た目を整える”コト ・ モノ”を発信するブログ

男が輝くお手入れ戦略

お手入れしてますか?

 

スタイリングの仕事をしていてもそうだし、実際に店頭で販売していた時からいつも思っていたのですが、正しいお手入れの方法を知って実践している人ってどれだけいるんですかと。

 

実際にお話を伺うと素材について勘違いされているお客様がめちゃくちゃ多くてビビります。

 

『高価な素材=丈夫』という公式をお持ちのお客様が多いのですが、実は高級品ほどもろいものなんですよ。

 

例えばシャツで言えば番手が上がれば糸が細くなってシワにもなりやすいし、靴で言えば革本来の風合いを出すため色止めを使ってないものをしているものだったり。

 

高級品ほどしっかりとお手入れをしなければいけないんです。

 

高価な靴を履けばそれだけでいい感じに見えると思ってませんか?

 

実は靴って汚れるんですよ。

革って乾燥して硬くなるんですよ。

汚れって放置するとどんどん奥に奥に定着して取れなくなるんですよ。

 

人もそうですが、”コト”が起きてから直すとめっちゃお金と時間がかかるため”コト”が起きるのを防ぐためにコストを投下するのが正しいお金と時間の使い方です。

 

ということで買った洋服や靴、バッグなどを可能な限りキレイに長く使うための方法をご紹介していきます。

ジャケット、パンツ編

日々の仕事で死ぬほど疲弊している鎧達ことジャケットやパンツ、スーツ達は毎日のほんのちょっとした一手間で寿命が数倍に伸びる上、常にキレイな状態を保てますので必ずやるべきステップです。

 

とは言え、自宅に帰って1分以内に完了するので、今日からでもやってみましょう。

<準備中>

シャツ編

<準備中>

靴・バッグのお手入れ

革(スムースレザー、スエード)もナイロンもこれ一本でお手入れできる万能クリーナーがこれ。

成分にアルコールやオイルが入ってるものだと、汚れと一緒に必要な成分まで削ぎ落としてしまうのですが、このクリーナーはイギリスの化粧品会社と共同で開発した”アルコール”、”オイル”不使用の素材に優しいクリーナー。

 

下記で詳しく書いてますが、一本持っているととにかく汎用性が高く様々な製品に使えるのでおすすめです。

 

ナイロンやキャンバスは基本的に布に取って『汚れを拭き取る→防水』だけでオッケーですが、注意が必要なのは革製品。

 

クリーナーで汚れを落としたまま放置すると、乾燥が進んで革が固くなったり履きジワから割れてきたりするので必ず保湿をしましょう。

 

以下を参考に月1回程度ちゃんとお手入れすると、寿命が数倍変わってきますので必ずやるべきです。