30代の男性に向けて『最速で外見を整える』をテーマに発信しているファッションブログ。ブロガースタイリスト”水沢ひろし”が運営。メンズコーディネートの専門家。メンズコーディネートをメインに取り扱い、ガジェットやライフスタイルの発信をしています。

プロフィール

 
  2018/12/04

ブロガースタイリスト”ミズヒロ”

【画像】ブロガースタイリストミズヒロのプロフィール

東京モード学園ファッションデザイン学科卒業。

アパレル販売スタッフ、店長、バイヤー、ブランド営業を経験し、現在は「日本で活躍する男性」を応援するスタイリストとして活動中。

コーディネートアドバイスや個別スタイリングサービスなどを行っています。

「お客様の人柄を理解し、一貫したスタイリングを任せられるパートナー」をモットーに活動。

ブログでは主に最速で外見を整えるコーディネートノウハウや、実際に使って良かったおすすめアイテムを発信しています。

「5社の転職、三度の無職、借金400万円(無事完済)」という素敵な人生を経験し、ようやく大人になりました。

いや、ようやくオッサンになりました。

何を大事にしているか

「洋服は自分自身の魅力を引き出すパートナーである。」

外見構築力は自分自身をもっとも魅力的に表現し、ターゲット(信頼してほしい人)に視覚的アプローチをかけることが可能なもの。効果的にセルフブランディングを行う手法であると考えています。

着る服を変えると上司に信頼されるようになったとか、部下がついてくるようになったとか、急に女性ウケが良くなったりします。

そうすると、新しい一歩を踏み出せる。

だから、他者評価が変わる。

そして、自分の魅力に気付く。

その結果、何事も前のめりに挑戦できるんです。

たかが服で人生を大きく変えることができるわけですが、それには効果的な「見せ方・着方・選び方」があります。

そのため、私はこのブログでこんなあなたに向けて情報発信しています。

  • 組み合わせる楽しさよりも最速でお洒落を実現したい
  • 印象を上げる30代のコーディネートを知りたい
  • シーンや季節別のバッグコーディネートを知りたい
  • 女子目線で「なんかいい男」を目指したい
  • できるだけお金をかけずに学びたい
  • 失敗しない服の選び方を学びたい

これまでの経緯と今の仕事

小学校からウィットに富んだギャグを飛ばせる最高に楽しいガキんちょでした。

おじいちゃん子でマジで甘えまくりで、世の中に手に入らないものはないという考えの元すくすく育つ。

ガチでナメくさっているのにも関わらず、意外にも素直にまっすぐに育ちました。

私の幼少期↓(我ながらマジでクソかわええです。)

みずさわひろし幼少期

が、一度目の転機は中学校の時に訪れます。

それまでは学校内でも目立つ存在だったのだけど、それが原因で人生初の”イジメ”に遭います。

登校拒否とか夢にも見ていなかったけど、初めての登校拒否。夏休みもほぼ全日家にいる。

この頃はマジで毎日地獄だった。

最終的に気が進まなかったけど、学校の先生と親と僕と加害者とその両親の5者面談が行われ一見落着。

無事学校復帰することに。

それなのに、私ったら…、

ファッションの道を志す

無事”イジメ”から脱却し、高校に入学したのだけど小学校からの延長戦上の学校生活というルーティンに死ぬほど嫌気がさして1ヶ月で中退。

もうね、また小学校と中学校の繰り返しみたいな生活に精神的に耐えれなかった。

中学生の頃からスタイリストに憧れていて、どうにかスタイリストになれる方法はないかと情報収集していたら、「東京モード学園」に行けばスタイリスト学科というものがあって、さらに就職率は100%と明記されている。

ここに行けばスタイリストになれるんじゃないか。

父と母を懸命に説得して、高校中退後の約4ヶ月後に秋生として入学する。

これで人生は勝ち組になると思った。

だって同級生から比べて2年も早く上京して、ファッションを学ぶ。

順当にいけば同級生が就職する頃には既に2年先輩になるのだからw

何段階も飛び越えた気がした。

挫折の連続

上京し入学すると”色んな人”がいる。

至極当たり前のことを言っているが、初めてみた多種多様の光景にいくらか興奮を覚えた。

普通に高校生してたら、同い年の生徒がいるというのが普通なのだけど、モード学園の秋生は年も10個くらい離れている生徒や、ド派手な服装で登校する生徒が同じクラスにいる。

若すぎる私は震えた。

武者震いってやつだ。←ビビッてただけw

しかし、人生はそんなに甘くなかった。

そもそも学園生活が退屈で、自分の好きなことなら頑張れるという想いで東京へ出てきた。

だから根本的な部分は解決されていない。

またもや学校生活だ。

歳も離れた先輩が一回社会に出て、自分で働いて、自分のお金で入学している人も多くいる。

親に甘えているだけのガキが馴染めるわけがない。

意識の違いというか、その意識が別次元なのだ。服に懸ける情熱が半端じゃない。

そんな中、岩手から上京した唯一同い歳と一つ上の先輩の友人ができたのだけど、岩手の彼は3ヶ月くらいで退学してしまった。

そして、理由はわからないけど、一つ上の先輩も半年くらいで学校に来なくなってしまった。

完全に孤立してしまった。

学校が猛烈につまらなくなり、またも不登校になる。

環境が変わっても根本的に何も解決されていないことにようやく気付く。

なんとか2年生に進級するタイミングでまた人生の転機が訪れた。

現嫁との出会いだ。

クソ野郎な私が、超優秀な女子生徒と付き合うことになったのだ。そして、この出会いがクソ野郎を少しまともな方向へ軌道修正した。

ちゃんと学校へ行くようになって、4年生の頃には「愛・地球博」という万博の衣装コンテストで優秀賞を獲得し、卒業制作のファッションショーでは生徒による投票の最多得票賞を獲得。

クソ野郎が開花した瞬間である。

そして、肝心の就職だがこの頃学校でも一目置かれていた私は就職斡旋専門の先生から面談で「君は優秀だから、すぐに決まるでしょ。自分のペースで就職活動をしなさい」と言われる。

だから就職なんて楽勝。楽勝すぎるから就職活動しない。

しないから、ちゃんとフリーターになれた。

ナイスなアドバイスありがとう先生。

卒業後しゃぶしゃぶ屋でバイトしながら就職活動

先生の「優秀だから」という耳感触のいい言葉が耳に残り、就職を完全にナメきってる私は面接でバンバン落ちる。合計40社以上は落ちたと思う。

我ながら見事である。

就職氷河期だったけど、言い訳も通用することなく実家から帰ってこいのラブコールが止まらない。

普通にフリーターが都内で一人暮らしをしていればお金に余裕はない。

なんとかできないかと、甘い罠にかかりまくった私は日雇いバイトやティッシュ配り、交通量調査、夜間の荷物の仕分け、引越し業者等の17種類のバイトを経験する。

思考錯誤しまくってもどれも肉体を酷使する仕事ばかり。

で、考えまくった、、、

俺にできることないか。

「あっ、俺、服作れるじゃん」

初めて自分で稼いだ洋服のオーダーの仕事

洋服を構成する絵型作り(パターン)は、学生の頃から得意だったし、成績も優秀だった。←自己満

縫製はそんなに得意じゃないけど、できない部分は嫁にやってもらおう。

そんな感じで友達やバイト先の人に声をかけた。

そしたら意外にも作ってもらいたいという人が何人かいたのだ。

人生で初めて親と会社以外から貰う「お金」を稼いだ。

「バイト代+@」を稼ぎつつ、就活していると見事初の内定をもらうことができた。

40社全滅の私を救った神会社は、小さいながらも代官山と渋谷にメンズカジュアルを扱うセレクトショップを運営する会社。

初めての販売の仕事で毎日が充実しすぎて楽しすぎた。

仕事が楽しすぎて、徹夜で陳列を変えたり、オリジナル商品の企画に没頭した。

代官山に配属された私は、顔の広い店長に周りのショップスタッフを紹介していただき色んな方に知り合うことができた。本当に人生の宝だ。

2年後には店長、3年目にはバイイングを学んだ。

3年目の頃、強烈に飽き性な私は、完全に意気消沈モード。毎日が退屈でしょうがない。この状態になると根こそぎやる気が奪われる。

さすがに今にも気絶しそうなほど毎日がつまらないので、上司に辞めたいと退職の旨を伝えると「知り合いの会社の社長が営業を探しているから、興味あったらやってみないか?話通すぞ。」と、仰る。

転職活動は「面倒くさいなー」って思っていたから「じゃあ、お願いします」と二つ返事で人生初の転職を決める。

転職後はマジで地獄の連続

初めての営業出張、初めての展示会主催側、とにかく毎日が新鮮で楽しかった。

が、しばらくするも会社にどうも馴染めず悩んでいた。

そんな時、得意先のバイヤーさんからゴリゴリな引き抜きオファー。もうしばらく、営業頑張りたいという気持ちはあったけど状態も状態だし、心揺らいだ結果、受託。

退職してから面接を受けにいくという無鉄砲ぶりを発揮した。だって、バイヤーさんからのゴリゴリのオファーで社長にも話通しておくから大丈夫って言うから。

それがね、

それが、、、

まさかの面接落ち!!

 

えええ〜〜〜〜!

嘘でしょーーーーー!?

友人とも「足組んで面接しない限り絶対受かるでしょ。」って話をしていた矢先、まさかヘッドハンティングで落ちることは想定しておらずガチで放心状態。

俺の人生どうなってるん!?

おめでとう。人生二度目の無職へ。

時間はある、金はない

そんな私は、どっぷりギャンブルにハマります。

あくる日もギャンブル、朝から並んでスロット、パチンコ三昧。

どうしようもなく落ちぶれた。

この時に消費者金融から約300万円ほど借り入れる。

けど、こういう状態の時って金銭感覚がマヒってるからあんまり借金している感覚ないんですよね。

むしろ普通にATMで自分のお金をおろしている状態みたいな。

当たり前ですがしばらく無職状態が続いて、さすがに家賃すら払えなくなります。

マジで人生ドン底

消費者金融から300万円、家賃10ヶ月滞納(家賃78,000円/月)78万円也。

大家さんがめちゃくちゃいい人でこんなクソ野郎な僕に期待してくれて、めちゃくちゃ滞納しているのにも関わらず、待ってくれたし応援してくれた。

本当に感謝しかないし、本当に申し訳ない。

しかし、これ以上住めるわけなく引っ越しを決意。もちろん、引っ越しをする資金すらなくて現嫁に借りる。

総額400万円超えの借金のできあがりだ。

私を救ってくれたのは「服」

滞納した家賃も消費者金融への借金も、新居の家賃も払わなきゃいけない。しかもすぐに。

だから、猶予はないし仕事を選んでる場合じゃない。

社員でなんて到底無理。選考に時間がかかりすぎる。

とりあえずの仕事。とにかく時給が高い仕事。すぐ働ける仕事。

この条件で探したら見つかった。

パチンコ屋だ。

そう、僕を地獄に突き落としたパチンコ屋。

どうせやるなら大手で働こうと、パチンコ業界最大手でアルバイトが決まった。

クビになったら、明日食べる飯がないから一生懸命働いた。そしたら、時給はグングン上がり約2年で借金がキレイになった。

これがきっかけで今の仕事に繋がっていくのだけどこの時人生で初めて、衝撃を覚えるほどダサい人種に出会ったのだ。

それがパチンコ屋で働いている人たち。

周りを見ても「君たちはいつから服を買っていないんだい?」と、投げかけたくなるような状態の子ばかり。女子はともかく男子はマジでやばい。

「報酬はいらないから、頼むから服のコーディネートをさせてくれないか?」ダイレクトにそう言って周った。

これが大ハマり。

めちゃくちゃ感動されるし、めちゃくちゃ感動したし、とにかく服ってこんなに人を変えれるパワーがあるんだ!と、初心に返りました。

実際に僕がコーディネートした中の数人は彼女ができたし、就職が決まった人もいる。

この瞬間、「もっとその人の持つ魅力を引き出したい!もっと、その人が持ってる良さをアピールしたい!」と強く思いました。

「今の知識だけじゃ満足させれない。もっと知識を深めたい!」と思い、もう一度アパレルに返り咲くことを決意。

が、また服を売っても芸がないと思った私は専門性が高い職につきたいと考え、なぜか退職をしてから転職活動を始めます。(働きながら転職活動をしないヘタレぶり)

見事三度目の正直、無職者。

極貧生活の中、なんとか見つけた会社が業界最大手のバッグ専門店。受かるわけがないだろうと思いつつ臨んだ面接がまさかのその場で内定。

「マジで!?」

さすがに動揺が隠せなかった。

そんな地獄の最中、学生時代から連れ添った彼女と結婚

学生の頃から卒業したらすぐ結婚しそうだね。と、ささやかれていたのですがそういうやつに限って結婚しない。

まさかの卒業13年後に結婚とは誰も予想をしてまい( ー`дー´)

グフッ!

辛抱強くついてきてくれて本当にありがとう。

これからも洗い物は寝る前にちゃんとやります。次の日に持ち込みません。

現在はスタイリングの仕事を個別で

現在も週1程度お店を手伝いながら、個別にスタイリングアドバイスやコーディネートを行なっています。

私を救ってくれた「ファッション」で頑張る人を輝かせたいという想いで活動しています。

私のミッション:勝ちたい人を応援したい

お洒落を身に付けるにはそれなりに「時間とお金」がかかるため楽しむ前に挫折します

そして、一度苦手意識を持つとなかなか戻ってこれません。

プレゼン用の服を探してパーソナルカラーで色が印象を変える!とか、方向性がブレブレになってしまったり、商談や面接の成約率が上がる服を探しているのに、骨格診断やリクルートスーツの情報ばかりに触れて大切な時間を割かれてしまったら当然だと思います。

知れば簡単なことなのに情報ジプシーになって、

「俺って奴はぁぁあ〜〜〜!!!」

というループに陥ってる人を僕は応援したいんです。

外見を変えるということは、それによって中身まで変わるということ。

僕はそんなコーディネートに悩む人達に、ノウハウだけではなく洋服と向き合う姿勢を変えることをミッションとして活動したいと考えています。

こんなあなたにオススメなブログです

  • お洒落の基準を知りたい
  • 印象が上がるコツを知りたい
  • 自分でコーディネートを楽しみたい
  • どうでもいいけど、お洒落を最速で実現したい
  • オススメのアイテムやガジェットを知りたい

僕はこんな感じの人です

スタイリスト水沢ひろし

ブロガー/外見最適化のプロ/ファッションアドバイザー/スタイリスト

長野県長野市生まれ、半分長野育ち、半分東京育ち。

1982年6月9日生まれ。血液型B型。

高校中退後、東京モード学園入学と同時に中野で一人暮らしを始め、今年で上京19年目です。

もう完全に第二の故郷。東京。

好きなもの ラーメン、餃子、納豆、やきとり、ハイボール、ワイン、andymori
嫌いなもの イナゴ、高い所
趣味 ライブ、やせ我慢
長所 嫌なことはすぐに忘れる、好奇心旺盛
短所 飽きっぽい、面倒くさがり
性格 好きなことしかできない、やらない
座右の銘 諸行無常
尊敬できる人 まともに生きている人
好きな言葉 「ありがとう」

著者をフォローすると毎日が楽しくなります。

twitter

主にファッション情報のシェアをしています。
https://twitter.com/niche_hm

facebook

ツイッターからのシェアが多め。割と真面目に更新。実名が多いからね。(あ、私も実名でした)
https://www.facebook.com/hiroshiandmizusawa

Instagram

ガジェット好きなので、インスタは服よりガジェットメインで更新しています。(更新頻度チョー気まぐれ)

https://www.instagram.com/mizusour/

Line@

タップするだけの簡単登録!とりあえず追加!!
友だち追加

諸々の連絡はこちらから

CONTACT