現役スタイリストが発信する”人たらしの外見戦略”ブログ

プロフィール

ミズヒロ(水沢 ひろし)のプロフィール

【画像】メンズスタイリスト”ミズヒロ(水澤博)”

メンズスタイリスト / ファッションアドバイザー / ブロガー / WEBライター

 

専門学校卒業後アパレル販売スタッフ、店長、バイヤー、ブランド営業を経験し、現在はスタイリストとして活動しています。

 

「お客様の人柄を理解し、一貫したスタイリングを任せられるパートナー」をモットーに、コーディネートアドバイスや個別スタイリングサービスなどを展開。

 

このブログではお洒落への最短距離や人を寄せつけるコミュニケーションテクニック、私が実際使っておすすめできるツールやアイテムなどを発信しています。

 

飽き性で仕事が続かず「5社の転職、三度の無職、借金600万円(無事完済)」という素敵な人生を経験した私がなぜスタイリストになったのか?

 

ここからは、これまでの経緯とこれからについてお話させていただきます。

スタイリストを始めたきっかけ

飽き性で仕事が続かない

モード学園を卒業後、メンズカジュアルのセレクトショップに就職しました。

 

オリジナルブランドを展開している会社でお店は2店舗(渋谷と代官山)のみの小さい会社だったため、短い期間で多くのことを学ばせて頂きました。

 

最初は販売から始めて、2年目店長、3年目はバイヤーとステップアップしていったのですが、3年目で転機が訪れます。

 

入社当初からそれまでの間、仕事に没頭していて徹夜をしても続けられるほど好きだったのに、急に熱が冷めてしまい「もう販売やりたくねえ。飽きた。」という状態に。

 

人生初の転職をします。

 

(…いや〜、この頃は気付かなかったんですが私って本当に飽き性で仕事が続かない短距離ランナーなんですよね〜。

この後も仕事が続かないことにすごくコンプレックスを抱えて悩みまくります。)

 

なんか販売以外の「新しいことをしたいな〜」と考えていた時、取引先の社長から「うちで営業やらないか?」とお声掛け頂き二つ返事で転職をしました。

 

で、間髪入れずにワクワクして働くんですが…、

いやいや販売じゃん。

 

相手が法人に変わっただけでやってること販売じゃん。

 

みたいに感じてしまってですね、

やっぱりここも続かないわけですよ。

 

ーーー話の途中ですがなぜ私が販売職についたかお話ししますーーー

私は元々、ファッションデザイナーになりたかったんです。

 

「鉄は熱い内に打て」で早ければ早いほど良いと思ってた私は、烈火の如く反対する両親を説得し高校を中退してまでモード学園に行きました。

 

デザイナーになりたくて。

 

それなのに就職面接に行くと、

「販売経験してからじゃないとダメね〜。」

なんてどこに行っても言われるんです。

 

私からすれば、

デザイナーになるために専門学校行ったのになんで販売やらなきゃいけないの?

ミズヒロ

という疑問ばかりでした。

 

面接に行けども行けども同じこと言われるもんだから仕方なく販売職につきました、これが販売職についた理由。

 

でもいざ働くと販売ってクッソ奥深くて面白い。

やればやるほどのめり込んでいったんです。

 

けどある時、

 

あれ?

俺、これがやりたかったんだっけ?

ミズヒロ

 

なんてことを思います。

 

はい、糸切れました。

 

で、真っ白になった私は販売を辞め、営業に転職したのですが…、

 

一度転職してしまうと転職がもう止まらない。

 

気になることは片っ端からやってみたいという体験欲求が強くなって営業職を経験後、専門店販売3社、最初の就職から計5社ほど渡り歩きます。

 

どれも一生懸命やって長くて三年勤めればいい方。

 

何年もかけて100点を取ろうとは到底思えず、70点取れれば満足で、「ハイ、卒業。」といった感じでサクサク次に進みます。

もがき苦しんだ時期

「飽きたら次へ。」という思考で、短い時間で超凝縮して圧倒的に成果を出す。

 

昇進の話がくる頃にはいつも真っ白になっていて、辞表を提出する準備をしていました。

 

あまりに華麗に転職するもんだから、「すげー才能あるじゃんお前」みたいに言われてましたがそれは全く逆。

 

転職する度、長く勤務できる人と比べて劣等感を感じまくってた。

 

本当に自信がなかったです。

 

特に営業職を辞めた辺りは、本当にどうしていいか分からなった。

何をしていいのか分からなかったんです。

 

元々、洋服が大好きでデザイナーになりたくて上京したのに、この頃にはもう服が好きじゃなくなっていて、

 

「もう、どうでもいいわ。」

 

「早く死にたい。」

 

そんなことばかり頭をよぎるようになった。

 

どうしようもなく落ちぶれてこの後の約半年くらいは、完全無職でギャンブルに入り浸ります。

 

当然なんですけど貯金なんてものは一瞬で吹っ飛び、借金が爆増するんです。

 

家賃滞納、消費者金融4社満額借り入れ、友人、親、現嫁から総額600万円ほど。

 

「返せるわけがねえ。」

「もう借金まみれで死んでいくんだ。」

 

この頃は他人の迷惑などまったく考えず、自分のことばかり考えていました。

 

死ねば全てチャラだろ、みたいな。

 

マジで最低すぎて振り返るとクソ過ぎてどうしようもない奴なんですが、明日食う飯すらないとそれなりに精神状態もおかしくなってきます。(その原因は自分で作ってるんですけどw)

 

で、事件起きます。

そんなクソ野郎なのに人からの印象は真逆だった

借金で賄うご祝儀を持って、結婚式に行く。

半年無職で転職面接に行く。

マジで無職の借金大魔王なのに、

 

結婚式に行くと現嫁の友達には、

 

「水沢くんて仕事できそうだよね〜。本当羨ましいわ。」

 

と言われ、

 

半年無職なのに面接に行けば即決、

 

「うん、いいね!君に決めた!いつ来れる?」

 

という予想外な評判だったんですよ。

 

え?

 

じゃないですか?

 

だって、半年無職の借金クソ野郎の高校中退なのにどういうこと?って感じですよね。

 

こんなブランクありまくりでカスレベルのやつなのに、転職面接行けばバンバン受かるんですよ。

 

あれ?

おかしくないですか?

 

大して中身がなくても見た目だけでこんなにも人生が有利になる、私は無意識に外見で人を動かしていたことに気付きました。

 

ええ、大した事件ではありませんが私にとってはこの発見は大事件。

 

とは言え、これが分かったからって稼げるわけありませんからとりあえず就職して死ぬ気で働いて借金返したんですよ〜。

 

5年くらいかかったし、債務整理してようやく完済っす。

 

いや〜、長かった。

はい、ここから私の人生に対する私の反撃です。

スタイリストとして活動を始める

私がファッションで救われたように、外見に自信を持てず踏み出せない人を救いたい。

 

そんな思いでこれまでの経験を生かしスタイリストとして活動し始めます。

 

が、一般的なスタイリストと私はここが違う。

 

私はお洒落偏差値で勝負しない。

イケメンやお洒落な人には勝てない。じゃあ、何で勝負するのよ?

イケメンならどれだけ女にモテたか…、

お洒落でカッコよければなんでもできる…、

 

これね全て幻想ですから。

 

なんでって?

 

上には上がいるんですよ。

 

そんな青天井の土俵で勝負しても自分の理想には近づけないし、幸せにはなれません。

 

しかも、これって手段の目的化している状態なんですよね。

 

  • 本来は好きな女の子をデートに誘いたいだけなのに、イケメン度合いで勝負しようとしたりだとか、
  • 家族を幸せにしたいのに、お金を稼ぐことが目的になって家族と疎遠になったりだとか。

 

じゃあ、あなたの人生の目的は?

 

幸せになること。

 

ですよね?

 

これ以外の目的を持って生きている人はいますか?

 

恐らくいませんよね。

 

じゃあ、幸せになるためにどうしたらいいか?

 

これは”人間関係”なんですよ。

 

人と人で織りなすこの世界で幸せを勝ち取るには人間関係が全てを決めるんです。

人間関係を思い通りにコントロールするにはどうしたらいいか?

必要なのは2つ。

 

  • 人を惹き付ける外見
  • 人を動かすコミュニケーション能力

 

はい、この二つさえあれば人生は確実に豊かになります。

 

クソ過ぎる私が中身の5倍評価され、人間関係や仕事で救われたのは、

 

  • イケメンだった…、のではなく、
  • めっちゃお洒落だった…、からでもなく、

 

相手の自己重要感を埋めるコミュニケーションと人を惹き付ける見た目を作っていたからなんですよ。

私のミッション:勝ちたい人をしっかり勝たせる

 

「明日の朝、起きるのが楽しみになる。」

 

そんなワクワクをサポートしたいと考えています。

 

魅力的な外見構築はあなたの”本来の良さ”を最大限に引き出し、与える好印象は人を動かす強力なアプローチとなります。

 

それに、

 

着る服を変えると上司に信頼されるようになったとか、部下がついてくるようになったとか、急に女性ウケが良くなったりするのは自信がつくためなんです。

 

そうすると、新しい一歩を踏み出せる。

だから、他者評価が変わる。

そして、自分の魅力に気付く。

 

その結果、何事も前のめりに挑戦できるんです。

一人でやっても結果が出ない

お洒落を身に付けるにはそれなりに「時間とお金」がかかるため楽しむ前に挫折します。

 

そして、一度苦手意識を持つとなかなか戻ってこれません。

 

彼女の実家に挨拶に行く時の服を探して「パーソナルカラーで色が印象を変えるから…」と、方向性がブレブレになってしまったり、商談や面接の成約率が上がるコーディネートを探しているのに、骨格診断やリクルートスーツの情報ばかりに触れて大切な時間を割かれてしまったら当然だと思います。

 

知れば簡単なことなのに情報の取捨選択ができず、

 

「俺って奴はぁぁあ〜〜〜!!!」

 

というループに陥ってるあなたを私は応援したいんです。

僕はこんな感じの人です

【画像】メンズスタイリスト”水澤博”

メンズスタイリスト / ファッションアドバイザー / ブロガー / WEBライター / 1児の父

長野生まれ、半分長野育ち、半分東京育ち。B型です。

 

高校中退後、東京モード学園入学と同時に中野で一人暮らしを始めました。

 

もう完全に第二の故郷。東京。

 

令和元年に娘が生まれて毎日気絶するほどの眠気と奮闘中。

子育てマジで大変だわっw

好きなものラーメン、納豆、1杯目のビール
嫌いなものイナゴ、高い所、説教
趣味靴磨き、やせ我慢
長所嫌なことはすぐ忘れる、好奇心旺盛
短所寝たら忘れる、飽きっぽい
性格好きなことしかやらない
座右の銘諸行無常
尊敬できる人まともに生きている人
好きな言葉「ありがとう」

著者をフォローすると毎日が楽しくなります。

twitter

ファッション関連の情報をシェアしたり、私の日常をつぶやいたりします。

https://twitter.com/niche_hm

facebook

ほぼTwitterと同じ。友達申請は大歓迎です。

申請する時、「ブログ読んだで〜!」とコメント入れて下されば承認します。

https://www.facebook.com/hiroshiandmizusawa

Instagram

ガチな日常が多め。

ブランディングとか全然意識してないし、更新も超気まぐれです。

https://www.instagram.com/mizusour/

仕事の依頼や問い合わせはこちら

仕事、コーディネート相談など各種問い合わせはこちらから。