起床後5分で支度完了!?私が夏でもニット帽をかぶる3つの理由

寝起き全開。私が夏でもニット帽をかぶる3つの理由
The following two tabs change content below.
ブロガースタイリスト”HIROSHI”。 「STYLE HACK」運営。 アパレル店舗スタッフから、店長、バイヤー、営業職を経験し、独自の目線で"着こなし"テクニックを発信しています。趣味は食べ歩き、永遠の課題はダイエットです。 詳しいプロフィールはこちらから。

いや〜、春ですね〜。春。

清々しい新年度の幕開けで色んな感情が渦巻く季節ですが、私にとってはそんなものはどうでもいい。

自律神経乱れるとか、新しい環境で慣れないとか、そんなものはマジでどうでもいい。

それは、花粉の季節だから。

花粉症=杉花粉だと思っている皆様には徹底的に配慮していただきたいのですが、私はヒノキ花粉なんです。

このヒノキ花粉の飛散時期がやっかいで、世の中的にはメジャーな杉花粉のピークが終わった頃にしれ〜っとやってくるのでこれが理解されない。

「あれ?花粉終わったのにどうしたの?」みたいな反応されるんですが、私ヒノキ花粉アレルギーなんです。

しかも、徹底的に目と鼻ばかりがダメになるやつで、もう完全に目が開かないレベルのな!

普通に仕事になりません。

 

前置きが長くなりました。

ブロガースタイリスト”HIROSHI”(@niche_hm)です。

今日はですね〜、私が年中ニット帽をかぶる理由について答えますので、私のことを知っている人もこれから知る人もくらだらねぇとつぶやきながら是非、一読くださいませ。

夏でもニット帽をかぶる理由その1:効率化

突然ですが、皆さんは朝起床してから家を出るまでどのくらいかかるか計ったことありますか?

私はあります。

一般的には、10分〜40分で家を出る人が6割を締めるみたいですが(下記データ参照)、私は5分です。

【起床から家を出るまでにかかる時間は最短で何分?】

1位:10〜20分……23.6%
2位:30〜40分……21.6%
3位:20〜30分……18.3%
4位:40〜50分……15.3%
5位:60分以上……12.3%
出典:https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/10681

もうね、効率化が大好物な私は効率化に対する熱意が半端じゃありません。

一時は仕事の準備と頭の整理のために早起きしていましたが、本当に早起きが合わない体質でまったく続きませんでした。

私は早寝早起きをしても、何もおもしろくない人生になってしまうという思考を持っているので、朝活ではなく夜活を支持しているんですが、どうしても仕事は朝からになってしまうため、夜活をしつつどうにか睡眠時間を確保したい私が”起床〜家を出る”までのプロセスを最適化した結果、起床後5分で家を出ることに成功しました。

タスクの最適化

初期の私は、「洗顔・朝食・トイレ・歯磨き・着替え・髪セット&顔面チェック」でワンセット約30分で家を出ていたのですが、ここをですね、、、

朝食食べなきゃトイレ(大)行かなくてすみそう

洗顔は洗顔シートで職場ついてからでよさそう

朝の歯磨きは口ゆすいで歯磨きガムでよさそう

朝食は職場ついてからでよさそうorカフェでよさそう

着替えは前日に決めておけばよさそう

 

というようにですね、最適化をはかって修正していったのですが、この流れですとどうしても10分かかるんです。
原因は髪型セット&顔面チェックのスピードでして、もう誰も気付かないレベルでも自分的に何か気にくわないと何度もやり直してしまう悪魔のタスクなんですよ。

「ここなんか違うな。ワックス足んねーな。いや、水気じゃね?」みたいな。

なので、パーマをかけたり、短髪にしたり色々試すんですが、やっぱり朝はどうしても寝癖付くんです。もうマジ大敵。短くしても、パーマをかけても寝癖だけには勝てない。

ですから、必ずシャワーで髪の毛を濡らすところから一日がスタートするのですが、毎朝”水の儀式”と”髪型&顔面にらめっこ”は、睡眠を削ってまでやることでは断じてない!

と、私は気付きました。

ええ、それはもう切実に。

 

で、私は考えた。

 

あっ、ニット帽でええやん。

 

仕事柄いつもカジュアルでスーツは着ませんから、起床後のプロセスに髪型セット&顔面チェックニット帽に代替えしました。

これで、起床後のタスクは

トイレ

着替え

 

以上

マジで5分w

夏でもニット帽をかぶる理由その2:似合うから

これは、めちゃ重要な要素なのですが、やっぱり似合わないと続けれません。

「サマになってるよね〜」感が出てないとダメ。

そして、かぶり方はデコ出し全開です。

ここ最近デコ出しがトレンドになってますが、私は15年前からニット帽をかぶる時はデコ出しでした。学生時代のプリクラも写真も全部デコ全開や!

じゃなきゃ、さすがに夏はかぶれませんからね。

ちなみに、ニット帽はニット帽でも似合うものと似合わないものがちゃんとありまして、私が愛してやまない形は、小人タイプのニット帽。

ビーニー系は「ピチッ」ってなりすぎて似合わないんです。なんか、米つぶみたいになるから。

たまには、気分を変えてケーブル編みとかにもするんですが、基本はリブのドシンプルなやつが大好きです。

ちなみにこれな↓↓↓

私が夏でもニット帽をかぶる理由

 

夏でもニット帽をかぶる理由その3:他の帽子が似合わないから

ほんっっっとうに!いっつもかぶっているんで、たま〜にはイメチェンしたくなるんですよ。

いくら合理化だとか、効率化を叫んだとてそこはやはり生身の人間ですから、感情があります。

すれ違う若者を見ると、「ハットっていいな〜。」と、思ってみたり、「キャップってステキだな〜」とか思うんですが、もうね、これでもかと言うほど似合わないんですよ。マジで。

「似合いそうな顔面してるね」と店員さんにも言われるし、自分でも「帽子はなんでも似合うっしょ!」と、しばらくかぶってないと錯覚してしまうんですが、いざかぶるとやっぱり似合わない。

店員さんも「なんか違うな?」感が出まくってる。

いや、これは見慣れないというようなレベルの話ではなくて、マジで似合わないんです。

まあね、仮に似合ったとしてもハットやキャップは安全性に欠けるという点ではやっぱりなしだな。

だって、強風吹いたら吹っ飛んじゃうじゃん!ゴム紐つけないと飛ばされちゃうよ!

だから結局ニット帽。これは、安全対策のためでもある。

まとめ

こんな経緯で「似合うし、時短できるし、安全だし」という理由で毎日かぶってます。

そして、毎日ニット帽かぶっているのにコンスタントに毎月美容院に行きます。

なぜか?

冠婚葬祭はいつあるか分かりませんから。何事も準備が9割で、準備するにこしたことはありません。

ああ、今日はどのニット帽をかぶろう。。。

では、本日も精進しましょう。

▼人気記事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「クスッと笑えて役に立つ」コンテンツの配信頑張ります。

今日も↓↓↓のボタンからシェアお願いします。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*