現役スタイリストが発信する”人たらしの外見戦略”ブログ

【メンズショートパンツ】どうせ買うなら水陸両用が2倍お得!着こなしの幅と衝動的な水遊びにも即対応【PR】

 
【画像】水陸両用ショートパンツ
この記事を書いている人 - WRITER -
メンズスタイリスト/ファッションアドバイザー/ブロガー/WEBライター、30代。人生を華麗に生き抜く外見戦略を発信。安心感を担保するお洒落を教えてます。令和8月に娘が誕生。おてんば娘を育てながら日々精進しています。
詳しいプロフィールはこちら

皆様ごきげんよう。ブロガースタイリスト”ミズヒロ”(@niche_hm)です。

 

夏になると毎年「こんなに夏って暑かったっけ?」と、首をかしげながら「おかしいわ。異常だわ。多分地球終わるわ」と、思いつつもしばらくすると「こんなもんか」って感じるから人間の適応力って怖いですよね〜。

 

で、そんなクッソ暑い夏に男性はショートパンツを履くとダサとかキモいとかという迷信がありましたが問題はスネ毛ではなくパンツの丈でした。

こちらの記事で解決済。下↓
関連記事>>>【女子ウケ比率8倍に!?】メンズショートパンツの着こなしは膝丈がセーフライン

 

ということで積極的に男性もショートパンツを取り入れていくべきですが、今回はショートパンツを買うなら水陸両用の方が断然お得だし、いつでも思い出作りができるからとりま持っておくべきアイテムなので紹介します。

街履きは勝手に“街履き用”って決めつけてない?

『タウンユースするショートパンツは水には入っていけないもの。濡れたら大変じゃん。』

『水に入る時は水着でしょ?ジョーシキだろ?』

 

はい、これ全部思い込みです。

 

確かに街履き専用のショートパンツが一般的で、店頭の9割を占めているけどもそれ単体でしか履けないのはお洒落を楽しむことはできても、思い出を作るキッカケ作りには向かなかったりします。

ショートパンツは水陸両用が2倍お得

夏に数回も行くか行かないかのアイテムに数千円とかかけれませんから、水陸両用というタイプが役に立つわけです。

 

当然ですが両用タイプはタウンユースするものとは素材が違います。

 

アウトドアアイテムとしての位置付けなので、機能面が段違いに高い。

違いその①速乾性のある素材

綿100%などの天然繊維は汗も吸収してくれるし肌触りもいい。

 

サマーウールを使ったショートパンツは短いながらもドレッシーな印象を組み上げることができます。

 

ただ、ただね、

このまま海水に入ったら生地も痛むし乾くのが遅いし言語道断。

マジでありえません。

 

水陸両用のショートパンツは速乾性が高いナイロン素材を使用しているため、安心して海にもプールにも入れます。

 

というかプールに入ったあと、着替えずにそのままTシャツを着て出かけることができる対時間的にもコスト置換できる優れものです。

違いその②ポケットが水抜き仕様

ポケットの裏側がメッシュになっているためここも速乾仕様。

さらに軽量です。

違いその③ウエストがゴム

当然ですがベルトをして海に入る人はいませんから、ウエストは“ゴム+ドローコード”が一般的。

 

アウトドアアイテムなので、動きやすく伸縮性が高いです。

 

しかも、多少無理が利くからいつも履くサイズより下のサイズとかでも結構入ったりする。

MosmannAustralia(モスマンオーストラリア)のスイムショーツがいい感じ

【画像】MosmannAustralia(モスマンオーストラリア)の公式サイト

スイムショーツを展開しているブランドMosmannAustralia(モスマンオーストラリア)のショートパンツがリゾーティーな雰囲気でいい感じだった。

 

サイトで着用している外人モデルさんがシックスパック過ぎてワンパックな私のお腹と比較するとあまりに虚しくなりましたが、別にショートパンツを履く時はトップス着てるもんね。ということで、カジュアルアイテムとしての位置付けで紹介しております。

ショートパンツを履いてみた

裾に向かって細くなっているため、スッキリとした見え方をします。

 

シルエットはタイトで合わせやすいくせに、めちゃくちゃ伸縮性がある。

 

自慢の4wayストレッチは感動パンツより可動域は広いんじゃない?とリアルに感動した。

【画像】メンズのスイムショーツは水陸両用

すっきりシルエット。

ウエストもゴム仕様でとにかく履きやすい、動きやすい。

 

柄のボトムスは無地アイテムとの相性も抜群。

履くだけで簡単に”夏”を演出できます。

【画像】水陸両用のメンズショートパンツのフロントスタイル

サイドスタイル。

余計なシワがなくキレイなシルエットです。

 

ストレートシルエットだと横に広がってスカートみたいになるんですがテーパードはやっぱり綺麗。

体型を美して見せたいならテーパードがどの体型の方にもおすすめです。

【画像】水陸両用のメンズショートパンツのサイドスタイル

バックスタイルは片側のみに玉縁ファスナーポケットが付属。

 

ファスナーを隠したデザインになっているのは手がファスナーに当たって傷付くことを防止しているのと同時に、バックスタイルを美しく見せる効果があるんです。

 

ファスナーという装飾を”見せない”ことでドレッシーな雰囲気に仕上げています。

【画像】水陸両用のメンズショートパンツのバックポケット

【画像】水陸両用のメンズショートパンツのファスナーポケット

フロントポケットの裏地部分。

メッシュポケットで水抜き仕様です。

 

こういう部分を切り取るとスイムパンツっぽいけど、素材がメッシュだからってポケットが弱いとかではないから心配無用。

 

むしろアウトドア要素が入ってるということは、耐久性は高いとみていいでしょう。

【画像】水陸両用のメンズショートパンツのメッシュポケット

詳細のスペック

1品番に対してカラー展開があるのではなく、1品番1色という展開をしています。

わかりやすくていい。

 

そして海外通販にも関わらずショートパンツは全品4900円で送料無料というフレキシブル対応がステキ過ぎます。

海外通販が不安なあなたはこちら

ブランドMosmannAustralia(モスマンオーストラリア)
品番MSW0095
カラー展開一型一色展開
サイズS~XL
素材裏地:ナイロンメッシュ
仕様・4wayストレッチ
・速乾素材使用
・バックポケット
・足度ポケット
価格スイムショーツは全品4900円

子供がいきなり水遊びをし出しても対応できる

突発的に子供が水遊びを始めてもいつでも参戦可能。

 

どれだけ濡れてもすぐ乾く素材は“海”、形は“街”仕様だから、シームレスに対応できる。

 

パンツが濡れるから、ちょっと…

と敬遠して、数年後、

 

『ああ…、あん時ビシャビシャになって遊んでおけば良かったな。』

 

なんてこともなくなるわけです。

 

子供と遊んでる時も、デート中突発的にプールに行きたくなっても、ドライブ中いきなり海に飛び込みたくなってもいつでも水に対応しているから楽しさを躊躇する必要がない。

じゃあ、ショートパンツはこれだけでいいじゃん

いやいや、確かにアクティブでどんなシーンでも対応するアイテムですが基を辿れば“アウトドア”アイテムです。

 

ベーシックな一本があってこそ輝く一本ということをお忘れなく。

 

色味や柄も豊富なので、ヘビロテするアイテムではなく差し込むアイテムとして活用するとコーディネートの印象全体も大きく変化させることが可能です。

 

まずは王道、2本目で遊びを入れていく買い方がもっともコスパ高い。

 

特に普段仕事でスーツを着ているあなたなんかは、実際にショートパンツを履く機会はシーズン通して多くても20回程度でしょう。

夏本番!ゲットしないと乗り遅れるよ

どれだけ残暑が長くてもショートパンツを実際に着用できるのは9月まで。

 

既に今年はユニクロで感動ショートパンツを買っちゃったからな〜。というあなたはぜひ2本目の“遊び”アイテムとして挑戦しましょう。

 

着こなしの幅が広がりますよ。

 

海外沿いをドライブしたついでにそのまま海に入れちゃうから彼女だって「おぉ、ワイルドだぜぇ〜。惚れちゃう♡」って思うはずだし。

 

グフッ笑

今日は以上!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもシェアしていただいてありがとうございます。

これからも「クスッと笑えて役に立つ」コンテンツの配信頑張ります。

今日も↓↓↓のボタンからシェアお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
メンズスタイリスト/ファッションアドバイザー/ブロガー/WEBライター、30代。人生を華麗に生き抜く外見戦略を発信。安心感を担保するお洒落を教えてます。令和8月に娘が誕生。おてんば娘を育てながら日々精進しています。
詳しいプロフィールはこちら

<広告>



<広告>











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です