30代の男性に向けて『最速で外見を整える』をテーマに発信しているファッションブログ。ブロガースタイリスト”水沢ひろし”が運営。メンズコーディネートの専門家。メンズコーディネートをメインに取り扱い、ガジェットやライフスタイルの発信をしています。

スーツに合わせる【ビジネスリュック】を選ぶ3つのポイント

 
  2018/09/02
 
【画像】ビジネスバッグを選ぶ三つのポイント
この記事を書いている人 - WRITER -
メンズコーディネートの専門家。ブロガースタイリスト。 30代の男性に向けて『最速で外見を整える』をテーマに発信しているファッションブログ”STYLE HACK”運営。 バッグ、雑貨好き。料理苦手。食べる専門。痩せないダイエット継続中。二子玉川の蔦屋家電によく出没します。
詳しいプロフィールはこちら

死ぬー。溶けるー。

毎日死ぬほど暑くてマジで死んでしまう。

今年の暑さは異常だぜということで、先日初めてかき氷で話題のお店ティーハウス マユールに行ったのですが、これがガチで美味しくてリピーター確定です。

思いたったら即行動の私共は一番混んでいる土日に突撃し炎天下の中、軽く50分ほど並びましたがそれでも満足できる”味と接客”でした。

嫁のご機嫌とりに最高の場所を見つけることができた。ありがとうインターネット。

さて、ビジネスの戦闘服”スーツやジャケパン”にビジネスリュックの導入をご検討中の皆様ごきげんよう。

ブロガースタイリスト”ミズヒロ”(@niche_hm)です。

クソ暑い中、駅や道ですれ違うビジネスマンのバッグをリサーチすれば約7〜8割(体感的)がリュックタイプのビジネスバッグを使っています。

一度リュックタイプを体験したら、今更死ぬほど重いブリーフタイプになんか戻れるか。というのが本音だと思います。

ちょっと前のデータですが、ビジネスマンのバッグの重さは平均米袋並み(約5kg)なんですよ。

肩こりを感じてない人は5.6%ということで、残りの94.4%の大多数のというかビジネスバッグを持っている方のほぼ全員が肩こりを感じているんです。

小林製薬はこのほど、「2016年 ビジネスマンの肩こり実態調査」の結果を発表した。それによると、9割以上のビジネスマンが肩こりを感じていることがわかった。

 

さすがに、毎朝毎晩スーツにリュックを背負う光景を見ていれば、大量の書類を詰め込んだ米袋並みの重さを片手で持つブリーフタイプを使ってるあなたは、リュックタイプのビジネスバッグの検討を始めるはずです。

そして、ググる。

ふらっお店に行く。

で、問題はここからです。

大半の方が「みんなが使ってるあんな感じのリュックが欲しい。」と、判断基準があやふやなまま突撃して激悩むパターンが多いんです。

というより基準となる種類とサイズを分解できていません。

そうすると、お店に着くなり「意外にでかくない?小さくない?てか、完全でリュックでいいのか?商談は大丈夫か?客先に向かって失礼ではないのか?いや、このサイズ弁当入るか?」という新たな課題に出会うわけです。

ビジネスで使えるリュックタイプを整理する

一言でビジネスリュックとくくっても実際は下記3パターンに大別されます。

  • 完全にリュックのみ
  • ショルダーストラップ付属、リュックにもなる3wayブリーフタイプ
  • ブリーフとリュックの2wayタイプ

どれも同じくリュックタイプとしてビジネス用途が可能なものですが、各特徴と選ぶポイントをまとめました〜。

ビジネスリュックを選ぶ基本

色選び

そもそも、リュックというのはアウトドアを目的として作られたバッグのためビジネスとは縁遠く、これまで敬遠されてきました。

しかし、近年ビジネススタイルのカジュアル化によって夏季シーズンのネクタイの撤廃、クールビズの一般化によって、元来ドレススタイル目的で開発されたスーツやジャケパンにも徐々にカジュアルアイテムが浸透してきました。

ということは、ビジネスで使用する場合カジュアルに寄るデザインのリュックはこの時点で選択肢に入りません。(装飾性が高いものや色物のこと)

そのため、ビジネス利用できるリュックは必然的にアウトドア要素にドレス要素が組み込まれていなければならないんです。

また、ビジネスにおいてはベーシックというのもの重要なポイント。これは相手への敬意を意味します。

極端ですが、重要な商談時にこんな丸いフォルムの赤のリュックを背負って来られたら「ナメてんのか貴様。」ってなるでしょ。(カジュアルなら差し色になってかわええよね)

【画像】カジュアルリュック

画像引用:https://item.rakuten.co.jp/mike-museum/est-ek620-79501/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868

型選び

確かにビジネス利用として市民権を得たリュックですが、では商談時はいかがでしょう。

このあたりは業界にも個人にもよりますが、それでも私はアウトドア全開のリュックを背負って来社されたら軽く引きます。

ある程度の信頼関係がある間柄ならまだ許せるかもしれませんが、一見の営業が「トレンドだし当然でしょ。」みたいな空気感出されたらこいつ大丈夫か?って普通に思います。

上記でも触れた通り、ビジネスでのベーシックは相手への敬意も含まれています。

ということは、ビジネスで使うのならば完全なリュックは避けて商談時だけでもブリーフにしておく方が無難でしょう。

やっぱり客先に伺うというのはクロージングしたいという目的がありますからね。外見も戦略のひとつになるんです。

サイズ選び

サイズに関してはひとつだけ。

最近薄マチのリュックタイプが増えていますが、私含め弁当派の男性は薄マチのリュックじゃマジで弁当が入りません。

が、ここもマチ(奥行き)が広すぎるとアウトドア感が非常に強くなります。(亀仙人感も強くなるがね)

17cm以内を目安に弁当サイズを選びましょう。

スーツに合うビジネスリュックの選び方三か条

ビジネス使用するリュックを選ぶ上での基本は下記三点

  • ベーシックなデザイン色味(装飾性が少なく、落ち着いた色味、ドレス感(光沢)がある)
  • 商談時にいつでもブリーフにできる
  • マチ幅が17cmを超えないもの

以上を踏まえて各ビジネスリュックの特徴を下記にまとめます。

ビジネスバッグ選びの参考にしてください。

各ビジネスリュックの特徴

リュックタイプ(完全にリュックのみ)

【画像】ビジネスリュック画像引用:https://www.yoshidakaban.com/product/104107.html

ジャケパンやスーツに合わせるからこそドレス感(光沢)が必須。

形としてはアウトドアを連想させる丸型ではなくスクエア型がおすすめ。四角いフォルムがブリーフケースを連想させます。

ジャケパンやスーツのトラッドスタイルに合わせる完全リュックタイプならば、スクエア型が必須です。

ポーターリフトの薄マチリュックはおすすめ。

売れ過ぎてしょっちゅう在庫切れるから気になったら即買った方がいいですよ。下↓

日経トレンディで紹介されていました。下↓

吉田カバンから物を出し入れしやすくした斜めファスナーポケットが付いたビジネスリュックが登場した。その中身を徹底解剖した。

ショルダーストラップ付属、リュックにもなる3wayブリーフタイプ

【画像】ビジネス3wayバッグ

このブログでも紹介したことのあるタイプ。

  • ショルダーストラップで斜め掛け
  • ブリーフタイプ
  • リュックタイプ

ビジネスリュックタイプと聞くとこの3way型がもっともポピュラーです。

実際に一番汎用性高いと思う。

けど、リュックがあればストラップいらなくね?というのが正直なところ。

この記事(下記URL)でも紹介していますが、タンカーの3wayバッグを買ってからというもの私は一度もストラップを使っていない。

ブリーフとリュックの2wayタイプ

【画像】2wayリュック画像引用:https://www.neuve-a.net/COLLECTORS/shop/g/g2700001001041/?gclid=Cj0KCQjwm6HaBRCbARIsAFDNK-htmlMXlaYpq4wrZFD-gbhgoB1hafIQmgUFi5PMoVZ7-_1yyNBUWtIaAmwIEALw_wcB

最近で始めた新たなアプローチのリュックタイプ。

これまでのブリーフがリュックになるという状態ではなく、リュックにハンドルがついている感覚のリュック/ブリーフの2wayタイプ。

今の時代にもっともフィットしているタイプだと言えます。

そもそも、ショルダーストラップ付きで価格が上がるならストラップいらないから安くしてくれよ。と常々思っていたのですがようやく出た。

このタイプがおすすめですが、まだあまり市場に出回っていない。

最後に

いかがでしょう。

あなたに合うビジネスバッグを見つけることはできましたか?

どうしても実用的でダサめのバッグを選んでしまうあなたは「相手にどう印象付けたいか?」という部分を判断基準にすると選びやすいですよ。

機能的で使いやすいバッグはデザイン性に欠けます。が、デザイン性ばかりに目が行っては肝心の弁当が入らなくなってしまいます。

自分のバッグの中身をよく俯瞰して、最適なビジネスリュックを見つけてくださいね。

それでは、本日も両肩に責任と書類を背負って精進しましょう。

 

ビジネスバッグは補完されたけど、今度は休みの日のバッグがない。というかボロボロだから買い換えたいんだけど…。

というあなたは必見の記事。

サコッシュはもちろん、メンズのバッグ事情を網羅した知っておくべきバッグをまとめています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「クスッと笑えて役に立つ」コンテンツの配信頑張ります。

今日も↓↓↓のボタンからシェアお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
メンズコーディネートの専門家。ブロガースタイリスト。 30代の男性に向けて『最速で外見を整える』をテーマに発信しているファッションブログ”STYLE HACK”運営。 バッグ、雑貨好き。料理苦手。食べる専門。痩せないダイエット継続中。二子玉川の蔦屋家電によく出没します。
詳しいプロフィールはこちら
広告
広告







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です