30代の男性に向けて『最速で外見を整える』をテーマに発信しているファッションブログ。ブロガースタイリスト”水沢ひろし”が運営。メンズコーディネートの専門家。メンズコーディネートをメインに取り扱い、ガジェットやライフスタイルの発信をしています。

【ZOZOテク潜入】”わたし”サイズの2BスーツをZOZOSUITで計測して注文してきた

 
  2018/12/04
 
【画像】ZOZOビジネス2Bスーツをオーダーしてきた
この記事を書いている人 - WRITER -
『最速で外見を整える』をテーマに発信しているファッションブログ”STYLE HACK”運営。外見最適化のプロ。メンズコーディネートの専門家。バッグ、雑貨好き。「コーディネートを最適化して人生を変えてしまえ」をミッションに活動中。趣味は食べ歩き。痩せないダイエット継続中。
詳しいプロフィールはこちら

タイツで採寸、スマホでオーダー。届いてにんまりZOZOスーツ。

皆様ごきげんよう。

ブロガースタイリスト”ミズヒロ”(@niche_hm)です。

あなたのサイズをあなただけに仕立てるオーダースーツが自宅で採寸から納品までワンストップで完結する多忙のビジネスパーソンにグサグサ刺さるサービスがリリースされました。

日々仕事に恋愛にスマホゲームに映画鑑賞に飲み会に忙殺されているあなたが隙間時間を使って24時間365日自分で採寸し、ビジネススーツをオーダーができるというもの。

「人が計った方がいいに決まってる。あんなものはおもちゃだ。」と柳井社長は言い放ち、レビューでは酷評と絶賛が入り混じり、実際本当の所はどうなんだろうと懐疑的になっている皆様に向けて外見最適化のプロが、今回ZOZOTOWNへの潜入が成功したためその内容を共有します。

自宅で採寸可能なZOZOSUIT。スーツのオーダーの敷居をグッと下げた

オーダースーツ市場は今や激戦区。

これからはSmallでもなくLargeでもない。

「Y(our)」サイズの時代なのだ。

カジュアルなら多少大きくても着こなしでなんとかなるし、むしろ服とはそういうもの。

ただ、これがスーツになるとまったく別の話です。

横シワのないジャケットに、適度なゆとりがあるパンツ、袖からカフスがチラリと見えるピッタリの袖丈。

”大体”では到達できない領域がスーツのサイズなんです。

けど実際は、

  • オーダーなんてとてもじゃないけど高すぎて。
  • お店で計って仕立てるなんてとてもじゃないけど時間もお金もかかるし服にそこまで…
  • 休みの日は家族サービス。平日は仕事。とてもじゃないけど、オーダーする時間なんて取れない。

という状態。

やっぱりオーダーとなると急に敷居が高く感じる傾向にありまして、時間とお金がかかるものと決めつけています。

そう。

これまでは。

が、今はIT全盛の時代。

人が計って人が縫うテーラーメイドも自宅でサクッとオーダーできるんです。

そう。

我らがZOZOTOWNのZOZOSUITなるもので。

”あなたのサイズ”を即座に採寸するZOZOSUIT。その精度は?

夢のような時代に突入しましたよね〜。

自宅で自分のサイズが測れて、オーダースーツをスマホ片手に注文できる。

買い物面倒くせえ。試着したくねえ。

そんなユーザーが抱える課題を完全撤廃。

あなただけのサイズをあなただけのために。

おい、貴様、神か!

ミズヒロ

とも思いきや、実際は全身タイツに着替えてクルクル回転しながら12枚の写真撮影をする苦行があった。

さらには採寸誤差が多く、あなたサイズは誰サイズ状態。

私も最初に計測したサイズでデニムパンツを注文したんだけど、マジでキツすぎて胃がねじ曲がるんじゃねーかみたいな状態でした。

嫁も同様。

キツすぎてマジで吐きそうだわ。旦那ちゃん。

と、苦しい状態。

誤差が出まくってマジで使い物にならねえ。

ミズヒロ

と思っていた矢先、ZOZOとアポが取れたため技術部門に潜入することに成功しました。

今回は実際にZOZOテクノロージズの事務所でZOZOの2Bビジネススーツをオーダーして今回のビジネススーツについて質問をしてきました。

表参道オフィス「ZOZOテクノロジーズ」にお邪魔した

今や一兆円企業のZOZOTOWN。

社内もギラギラしちゃってるんじゃないの?

と、かんぐりながらもZOZOの技術部門を担当している表参道オフィスZOZOテクノロジーズにお邪魔しました。

(すみません、今回写真撮り忘れて中の様子をお見せできないのですが、マジで都会を忘れるほどのジャングル状態でした)

え?ここ森?

ミズヒロ

みたいな状態。

他社サイトですが、内装はこんな感じ。

 オフィス訪問レポ第5回は、新会社スタートトゥデイ工務店が入居しているスタートトゥデイ青山オフィス。社内で使用している椅子の種類は、なんと60種類以上。アートコ...

 

次回スーツ受け取りの時ちゃんと内装撮ってきます。

広報の寺田さんに着用指導を受けていざ採寸

ZOZOテクノロージーズのオフィスでパシャり。

黙々と仕事をしている皆様の前でたった一人のおっさんが、「はい撮ります〜!」にはマジで恥ずかし過ぎてこのポーズが精一杯だったわ。

【画像】ゾゾに突入して2Bスーツを作ってきた

質問は後。とにかく無料配布しているZOZOスーツ(採寸ボディスーツ)の正しい着方をレクチャーしてもらい、早速採寸スタート。

基本的には着るだけでいいのだけどポイントが2つ。

「手首、足首、首」の位置をちゃんと合わせる。

手首は腕時計が来るあたり。

足首はくるぶしのあたりにくるように。

首はねじれないように調整する。

たまにやる人がいるみたいだけど、タックインしてしまうと採寸誤差が出てしてまうので必ずタックアウトをするようにと注意があった。

以上の2点に気を付けてZOZOのアプリを立ち上げ、音声ガイダンスの指示通りにグルグル回って撮影すればおけ。(詳しくはこちら。)

ちなみに、このZOZOスーツを注文する時に身長と体重を入力する箇所があるのだけど、そのデータをテキトーに入れると届くスーツのサイズに誤差が出るため正しい計測ができないとのこと。

鯖を読みたい気持ちはやまやまだけど、ここだけは正直に入力しよう。

前回の採寸データを比較ができる

実はZOZOスーツで採寸すると前回の採寸データとの比較ができるんです。

どこが太くなったのか痩せたのか?が一目瞭然。

ということはですよ。

糖質を制限してジョギングしまくった努力の結果、体重は減ったけどどこがどのくらい落ちてるか気になる〜という時にも使えるというわけ。

そう。ダイエットのモチベーションを上げるアイテムとしても使えるわけだ。

ZOZOのPB(プライベートブランド)を買わなくても無料でゾゾスーツは手に入るから、とりあえず注文しておいた方がいいぞ。

採寸データ閲覧

【画像】ZOZO採寸比較

こんな感じで立体で自分の寸法を確認することができる。

股下が左右2.3cmもズレている。誤差やべえ。

データ比較

【画像】ゾゾスーツで採寸データ比較

計測結果から下にスクロールすると、過去のデータと比較できるし、平均値と比較して自分を客観的に見つめなおせる。

ZOZOの2Bスーツをオーダー

計測結果を元にオーダー開始。

これもアプリで簡単にオーダーできる。

今回、私はとにかくベーシックなスーツをオーダーしたのでものの5分程度でオーダー完了。

「初めて入るパン屋では、クロワッサンを頼め。」と言うように、ベーシックなアイテムはごまかしが利きません。

だから初回は、いつもとにかくシンプルなものを頼むようにしています。

サイズに関しても全て最適でオーダーしています。

サイズをカスタマイズしてしまったら何のためのZOZOSUITやねんて話になりますからね。

 

が、スーツ初心者にとっては「一般的なスーツの仕様ってどんなの?」、「カスタマイズって美味しいの?」という状態だと思うので画像付きでカスタマイズの内容を説明しながら注文完了までの流れをまとめました。

スーツのオーダーで迷ったらチェックして下さい。下↓

まずはアプリをゲットしよう

なにはともあれZOZOTOWNのアプリが必要です。

無料なので、サクッとゲットしてね。

ファッション通販 ZOZOTOWN

ファッション通販 ZOZOTOWN
開発元:ZOZO, Inc.
無料
posted withアプリーチ

このアプリをインストールした状態で、ZOZOSUITを着用しガイダンスに沿って計測しオーダーします。

カスタムオーダーの知識がないあなたはこちらを参考に自分だけのスーツにカスタマイズしていきましょう。

ビジネススーツについて質問してきた

スーツのオーダーが終了し、ようやく質問タイム。

では、ミズヒロさん質問ありますか?

寺田さん

はい。今回のスーツはオーダーと謳っている通り、前回のカジュアルシリーズのようにSKU(品番の最小単位)を広げてるわけじゃないですよね?

ミズヒロ

もちろん。今回のスーツはオーダーが入ってからゼロから作っていますので、カジュアルアイテムのように作り置いているわけではありません。

寺田さん

なるほど。

てことは、今回のビジネススーツは本格的なオーダー仕様なんですね。

で、ちょっとさっき気になったんですけどゾゾスーツで採寸した股下の寸法に結構な誤差がありますけど大丈夫なんすかね?

股下が2cm以上も差があって、スーツの丈がちぐはぐになりそうで不安で夜も眠れそうにありません。

ミズヒロ

問題ありません。これまで集めたビッグデータを元に最適化する技術を開発していますので安心ください。

寺田さん

なるほど。新しい技術?

ミズヒロ

はい。詳しいことは言えないんですが、今後はZOZOスーツがなくても身長と年齢と体重を入力すれば最適なサイズのアイテムを提供することが可能なんです。

寺田さん

え?タイツ不要?

ミズヒロ

ええ。タイツ不要です。

寺田さん

ふむ。ということはタイツで楽しいパーティーができなくなるということですね。

ミズヒロ

パーティーすか?

寺田さん

…ん、ええ。まあ、いいや。

で、どうなんです?その採寸精度とか。私なんか股下が…

ミズヒロ

技術的な部分は日々チューニングを繰り返し行っていて、精度はこれからどんどん向上しますよ。ゾゾスーツを着用した際の採寸誤差もちゃんと修正されます。

寺田さん

股下は?股下はどうなの?

股下が2cmもズレてたらちぐはぐになっちゃうじゃない。

ミズヒロ

その点は安心してください。

寺田さん

え?なんで?安心できないよ。

ミズヒロ

カジュアルラインに関しては30日間、ビジネススーツに関しては1年間お直しが無料なんですよ。

寺田さん

1年間も?

ミズヒロ

はい。もちろんそれに基づく返送料は一切かかりません。(初回は送料一律200円かかります)

寺田さん

やべえ。てことは太っても?

ミズヒロ

はい。購入後一年以内なら。

寺田さん

マジで?それやべーすね。

でも、それ知識がある人なら寸法の調整を問題なくできますけど、一般の方だと難しくないですか?

何cm詰めていいか分からなかったりしませんか?

ミズヒロ

そうなんですよね。実はそこが一番の課題なんですよ。

洋服の知識がない人が”あなたサイズ”ですと届いたら、袖が長くても普通に着ちゃうんですよね〜。

正解がわからないというか。

寺田さん

ですよね。

スラックスの股下の長さひとつとってもハーフクッションはコバ上何cmが正解かも知らないし、ひとつひとつググってたらいつになったらマイサイズのスーツができるんだと不安になってしまいますもんね。

ミズヒロ

そもそもハーフクッションとワンクッションの違いが分からなかったり。

寺田さん

だったら「面倒くせえ。これでいいや」みたいに着ちゃう。

ああ、間違いない。絶対そうするわ。

私は料理が死ぬほど苦手なんですが、正解の味に辿り着くまでのステップがありすぎると「面倒くせえ。まずくてもこれで食うわ」ってなりますもん。

ミズヒロ

こだわる人はこだわれるけどそうじゃない人にとってはめちゃくちゃ手間ですもんね。

寺田さん

そういった情報の翻訳は我々スタイリストが伝えていくべきだと思う部分もありますが、情報に触れる頻度が多くなればなるほどユーザーは面倒だったりしますから、できればワンストップで情報を網羅できた方がいいですよね〜。

ミズヒロ

そうなんですよね〜。

寺田さん

それとこれずっと気になっていたんですが、他社との差別化はどうお考えですか?プラットフォーマーが仕掛けていくみたいな部分めっちゃ気になります。

ミズヒロ

スーツ屋ではなく、我々が新しい技術を開発し挑戦していくことで個人間のコミュニケーションの創出に期待しています。

寺田さん

ああ。なるほど。「そのスーツカッコイイね。どこで買ったの?」みたいな?

ミズヒロ

ええ。そういうことです。新卒で入った社員が先輩社員に「そのスーツどこで買ったんですか?」「ZOZOだよ。」という会話に可能性を感じているわけです。

寺田さん

なるほどな〜。

最近はオーダースーツが手軽になりすぎましたから差別化の要因のひとつになりますしね。

お洒落の基本は差別化ですし、他人と違うというのが価値になる。

ミズヒロ

そういうことなんですよね〜。

すみません。ミズヒロさん、そろそろお時間です。

寺田さん

あっ、もうそんな時間。

スーツめっちゃ楽しみです。股下が。ちぐはぐになってないか。

ミズヒロ

それはバッチリ。大丈夫ですよw 是非お楽しみに!

寺田さん

それでは、ZOZOテクノロージの現場からは以上です〜。

ミズヒロ

最後に寺田さんから一言。

現状生産が追いついておらず既にオーダーしてくださったお客様には迷惑をおかけしてしまっている状態なのですが、現在早急に生産していますのでしばらくお待ちください。

寺田さん

とのことです〜。

楽しみすぎて「まだか!コンチクショーめ!」とならず、じっくり待ちましょう。

※誤解の無いよう補足しておきますがZOZOのPBはフルオーダーではなく、イージーオーダーとフルオーダーの一部を切り取ったZOZO独自のオーダー方式です。

最後に

ということで今回は、わざわざタイツを着用し辱めを受けながらZOZOのビジネススーツをオーダーしてきました。

ギラギラしてんじゃねーの?と軽くビビりながら行ったけど、広報の寺田さんめっちゃいい人で安心した。

カスタムオーダーの2Bスーツの出来上がりが死ぬほど楽しみです。

サイズ感はもちろんのこと、ちぐはぐになった股下と評判高いネクタイは気になる所。

さて、ZOZOスーツ採寸の精度はいかに。

エントリーモデルとして皆様におすすめできるのか?

次回はきっちりみっちりZOZOのビジネス2Bスーツをレビューします。

 

今日は以上!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「クスッと笑えて役に立つ」コンテンツの配信頑張ります。

今日も↓↓↓のボタンからシェアお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
『最速で外見を整える』をテーマに発信しているファッションブログ”STYLE HACK”運営。外見最適化のプロ。メンズコーディネートの専門家。バッグ、雑貨好き。「コーディネートを最適化して人生を変えてしまえ」をミッションに活動中。趣味は食べ歩き。痩せないダイエット継続中。
詳しいプロフィールはこちら
広告
広告







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です