30代の男性に向けて『最速で外見を整える』をテーマに発信しているファッションブログ。ブロガースタイリスト”水沢ひろし”が運営。メンズコーディネートの専門家。メンズコーディネートをメインに取り扱い、ガジェットやライフスタイルの発信をしています。

【徹底解説】ZOZOのビジネススーツをあなた仕様にカスタマイズする方法

 
  2018/12/04
 
【画像】ZOZOのビジネススーツをカスタマイズする
この記事を書いている人 - WRITER -
『最速で外見を整える』をテーマに発信しているファッションブログ”STYLE HACK”運営。外見最適化のプロ。メンズコーディネートの専門家。バッグ、雑貨好き。「コーディネートを最適化して人生を変えてしまえ」をミッションに活動中。趣味は食べ歩き。痩せないダイエット継続中。
詳しいプロフィールはこちら

センスがあるかないかではない。知っているか、知らないかである。

皆様ごきげんよう。

ブロガースタイリスト”ミズヒロ”(@niche_hm)です。

前回はZOZOテクノロジーズに潜入して、ZOZOSUITSの正しい着用の方法とZOZOのビジネススーツを注文して質問をぶつけてきたよという内容でしたが、肝心のビジネススーツのカスタマイズについては一切触れなかったので、今回はカスタマイズのステップを画像付きでわかりやすく説明していきます。

 

「スーツのオーダーは慣れているし、シャツだって俺好みのこだわりがあるんだ!」というあなたは今回の記事はすっ飛ばしてください。

逆に、スーツのオーダーってまったくしたことがないんだけど、カスタマイズとかしたことないしよく分からないというあなたはしっかり読んで自分仕様にカスタマイズしましょう。

ビジネススーツのカスタマイズ

今回の記事はZOZOSUITSで採寸をしたという前提で話を進めていきます。

まだの方はこちらから。

 

自分好みのスーツは小さなこだわりの積み重ね。

カスタマイズをして自分だけのスーツを完成させましょう。

それでは、早速ビジネススーツのカスタマイズを説明していきます。

①お好みのスーツを選んで、カートに入れます。

【画像】ZOZOスーツオーダー

②ジャケットのカスタマイズ開始。まずは胸ポケットから。

「カートに入れる」をタップして下にスクロールするとお好み調整と出るのでここから細かくカスタマイズが可能です。

カスタマイズできる箇所は、

  • 胸ポケット
  • 腰ポケット
  • ベント
  • 裏地
  • 裏仕立て
  • ボタン
  • バックポケット
  • 裾始末
  • ベルトループorサイドアジャスター
  • ネーム刺繍
  • サイズ調整

の11点。

まずは、ジャケットのポケットからです。

胸ポケットは以下の二種類のポケットから選択可能。

特にこだわりがなければバルカポケットがおすすめです。

【画像】ZOZOビジネススーツのカスタマイズ

バルカポケット
「バルカ」とはイタリア語で「船」という意味から、船のように湾曲しているのが特徴的な胸ポケット。
胸板に自然にフィットするのが特徴で、クラッシックスタイルとの相性が良いです。
ウェルトポケット ポケットの口に縁飾りを施したポケットのこと。

礼服や背広に用いられることの多いポケットで、一番オーソドックスなタイプの胸ポケットです。

③腰ポケット

【画像】ZOZOビジネススーツのカスタマイズ腰ポケット

腰ポケットはフラップ付きとなしが選べます。

普段腰ポケットから出し入れする際、フラップが邪魔だと感じているフラップ無しがおすすめ。

フラップ付き フラップとは元々「雨蓋隠し」という意味。

フタがポケット口を覆う雨よけ用に付けられているというところから派生しています。

もっともオーソドックスなスーツの仕様です。

フラップ無し 普段ポケットから物を出し入れする際に無造作にフラップがめくれてしまっていたことは頻繁にあります。

意外に本人は気付きませんが側からみたらみっともないのでそれが嫌で、フタなしにする方も多いです。

④ベント

【画像】ZOZOビジネススーツのカスタマイズベント

ベントはサイドベントとセンターベントのどちらかを選択します。

スリムなあなたはセンターベント。

がっしりしているあなたはサイドベントがおすすめです。

⑤裏地のカスタマイズ

あえて表地と配色にする必要はありませんので、ジャケットの色と合わせましょう。

【画像】ZOZOビジネススーツのカスタマイズ裏地

⑥裏仕立て

【画像】ZOZOビジネススーツのカスタマイズ裏仕立て

観音開き仕立て(背抜き)か総裏かを選びます。

「秋冬がー」とか言いたい気持ちはわかりますが、ここはオールシーズン使える背抜きがおすすめです。

観音開き仕立ては裏地が少ない分軽くて通気が良いというメリットがあり、総裏仕立てと比較すると保温効果が期待できないデメリットはありますが、裏地が薄い分中に着込むことができます。

春夏は高い通気性で快適に過ごせて、寒くなったらカーディガンやベストを着込むことが可能。

そのためオールシーズン仕様というわけです。

「冬物と分けたい」という場合は、保温力の高い総裏を選択した方がいいでしょう。

⑦ボタンの選択

全5種類から好みのボタンが選択可能です。

【画像】ZOZOビジネススーツのカスタマイズボタン

※MBブラックとかMBダークブラウンとか『MB』って何?

これは「マーブル柄」の略称です。

マーブル柄とは、大理石模様の事で練り込んだように見える柄のこと。

絵の具や墨を比重の重い液体に浮かせて、浮かんでできた模様で染める描画技法を「マーブリング」もしくは墨の場合は「墨流し」と呼び、大理石と似た模様になることが語源です。

ボタンの柄が大理石っぽくなっているでしょ?

ここからはパンツのカスタマイズ

⑧両玉縁バックポケット

【画像】ZOZOビジネススーツのカスタマイズバックポケット

スッキリとしたフラップなしポケットと飾り気のあるフラップ付き。

スラックスのポケットにはシルエットが崩れるため、基本的に財布は入れないものとして考えます。

ジャケットを脱いだ時バックスタイルにこだわりを持ちたいあなたはフラップ付きを。

⑨裾始末

【画像】ZOZOビジネススーツのカスタマイズ裾始末

もっともベーシックなのがシングル仕立て。

ダブル幅も35mm~50まで選択できます。

ちなみに、「シングルがフォーマル」で「ダブルはカジュアル」です。

このあたりは完全に好みですが、判断するポイントは靴とのバランス。

重厚な作りの靴(メダリオンを打ってあるとかグッドイヤーウェルト製法とか)にはパンツが負けてしまうので、ダブルでバランスを取る。

ストレートチッププレーントゥはシングルで十分です。

⑩ウエスト仕様

【画像】ZOZOビジネススーツのカスタマイズウエスト

ベルトループありとサイドアジャスターでサイズ調整をするウエストが選択できます。

こだわりがなければ馴染みのあるベルトループで問題ありません。

⑪ネーム刺繍

「ネーム」はもちろん無料で入ります。

書式は「行書体、英字(ゴシック)、英字(筆記体)、英字(花文字)」の4種類から選択可能。

文字は8文字まで入力可能です。

【画像】ZOZOビジネススーツのカスタマイズネーム

刺繍カラーは「ブラック、レッド、ブルー、グレー、ホワイト」の5色から選択可能。

【画像】ZOZOビジネススーツのカスタマイズ文字色

⑫サイズ調整

ここからは微妙なサイズ調整をしていきます。

バスト

【画像】ZOZOビジネススーツのカスタマイズバスト

肩幅

【画像】ZOZOビジネススーツのサイズ調整肩幅

着丈

【画像】ZOZOビジネススーツのサイズ調整着丈

胴回り

【画像】ZOZOビジネススーツのサイズ調整身幅

右袖丈

【画像】ZOZOビジネススーツのサイズ調整袖丈右

左袖丈

【画像】ZOZOビジネススーツのサイズ調整袖丈左

ウエスト

【画像】ZOZOビジネススーツのサイズ調整ウエスト

ヒップ

【画像】ZOZOビジネススーツのサイズ調整ヒップ

裾幅

【画像】ZOZOビジネススーツのサイズ調整裾幅

股下

【画像】ZOZOビジネススーツのサイズ調整レングス(股下)

⑬ドレスシャツとのセット販売

2Bビジネススーツはドレスシャツとのセット販売のため、スーツのカスタマイズが終わったらドレスシャツ一覧をタップします。

【画像】ドレスシャツとセットで購入

ドレスシャツのカスタマイズ

外見の最適化を図るためには美しいVゾーンは必須、自分サイズのシャツ選びは超重要なんです。

それでは、ぴったりサイズを選ぶステップを説明しながら進めて行きます。

①欲しいシャツを選びます。

【画像】シャツ選び

②シャツを選んだらカートに入れるをタップ。

【画像】シャツ選び詳細

③スーツ同様下にスクロールするとお好みを調節できます。まずは衿のカスタマイズから。

そのままカートに入れることもできるのですが「お好み調整」と出るためそのまま下にスクロールします。すると、デザイン選択という項目が出てきます。

【画像】シャツのカスタマイズ衿

で、まず最初に選ぶのが衿の形。

  • レギュラーカラー
  • ボタンダウン
  • ワイド(ホリゾンタルカラー)

の三種類から選びます。

レギュラーカラー

レギュラーカラーはもっともベーシックな衿型。

冠婚葬祭にも使えるし、ビジネスシーンでも使えます。

もっとも汎用性が高いドレスな衿型のためネクタイ必須。

たまにこの衿型で第一ボタン外している方を見るのですが、全然締まりません。

ボタンダウンカラー

元々はスポーツウエアとして開発された衿型のため、若干カジュアルに分類されます。

ボタンで衿先が止まっているため、第一ボタンを外して着ても衿が崩れることなく綺麗に着こなせるのが特長です。

もちろんネクタイをしてもまったく問題ありません。

ただ、上記のレギュラーカラーと比較すると幾分かカジュアルになるため、シーン別に使い分けが必要です。

ワイドカラー(ホリゾンタルカラー)

イタリアのテイストを踏襲した衿型です。

ボタンダウン同様、第一ボタンを外して着ても問題ありません。

もちろんネクタイをしても全然いい。

たまに、「衿が開いているからネクタイはウィンザーノットの方がいいですか?」と相談受けますが、私は「上質はネクタイをつけるのならばシングルノット一択でいいですよ。」とお答えしています。

結び目が細くなるから見栄えが悪くなるということですが、質の高いネクタイをすればしっかりとボリュームが出るしディンプルもキレイに作れます。

(コスパ的な観点から見ると鎌倉シャツのネクタイがおすすめです。あまり公言はできませんが、百貨店で20000円で販売しているネクタイが5000円で買えますからw)

④次にカフス

以下三種類から選択可能。

【画像】シャツのカスタマイズ袖

ラウンドカフス 小丸カフスのカーブを大きくしたもの。優雅な印象を与えるためドレス向き。
角落ち(カットオフ) 角があるためドレス向きと思われがちだけど、どちらかと言えばスポーティなデザイン。
小丸  もっともオーソドックスなカフス。全てのシーンに万能に使えます。

⑤胸ポケットの有無。

【画像】シャツのポケット

日本では一般的なシャツの胸ポケット。

シャツは元来、下着から派生しているため欧米ではポケットなしが一般的です。

ボタンダウンシャツはスポーツウェアから派生しているため付いていても違和感はありませんが、やっぱりホリゾンタルカラーやレギュラーカラーはポケットなしがおすすめ。

が、より使いやすくと独自の進化を遂げた日本ではシャツにポケットが付いていることが常態化しているため、シャツの胸ポケットを多用しているなら付けた方がいいです。

ただ、ドレスシャツの基本は「ポケット無し」です。

⑥ネーム刺繍の追加

ネーム刺繍の有り、無しを選択できます。

せっかくオーダーするならネームを入れるべき。

追加200円で入れられるので是非。

【画像】シャツのネーム

追加する場合

大体がイニシャルですが、ZOZOのオーダーは最大16文字入れれるためフルネームもいけます。

場所は以下の三つから選べます。

ポケット ポケット口に入れる刺繍。デザイン性の強い字体でイニシャルで入れるのが一般的です。
左袖 左袖の肩から下がった位置。ネーム刺繍としては最も一般的な位置なため迷ったらここに。
左前身 自分だけが知るさりげないワンポイント。元々刺繍は、自分のシャツと他人のシャツを見分けるためにつけられていたため見えない部分につけるのも素敵です。

【画像】オーダーシャツのネーム

刺繍の色は「ブラック、レッド、ホワイト、ピンク、ブルー、イエロー」の6色から選べます。

【画像】シャツのネームカラー

⑦サイズ調整

ここからはサイズの微調整をしていきます。

せっかくオーダーするのだからここが一番こだわりたい所。

「首回り、肩幅、身幅、袖丈、袖幅、着丈」の調整が可能です。

とは言っても、”最適サイズ”を基点に微調整しかできません。

ここ改善して欲しい部分。

むしろ自分のサイズがわかっている人なら直接数字を入力したいよね。

首回り

【画像】ネック寸法

肩幅

【画像】シャツオーダー肩幅

身幅

【画像】シャツオーダー身幅

着丈

【画像】シャツオーダー着丈

袖丈

【画像】シャツオーダー袖丈

袖幅

【画像】シャツオーダー袖幅

ネクタイの注文

ネクタイ選びも”あなた”にとっての最適な長さと太さを提案しているため、「ポチッとな」では注文できません。

注文の4ステップを確認しましょう。

ちなみに、この価格でネクタイのセミオーダーなんか到底できませんのでめちゃおすすめ。

①お好みのネクタイを選びます。

【画像】ネクタイ選び

②サイズ選び

欲しいネクタイを選んだら、アイテム説明を開いて「サイズの選び方・結び方」をタップします。

【画像】ネクタイ詳細

③数値確認

自分の身長と体重の交点にあるサイズを確認し、一旦その数値を覚えます。

【画像】自分サイズのネクタイ

④注文

自分サイズのネクタイを選びます。

【画像】自分だけのネクタイ

以上で全てのカスタマイズが終了です。

お疲れ様でした!

ZOZOのビジネススーツとドレスシャツに使われてる素材

スーツ

ビジネススーツに使われている素材は、スーパー110’sというウールの高級生地。

滑らかな肌触りと適度な光沢が高級感を醸し出します。

ちなみにスーパーの後の数字はウール糸1kgを距離にした場合の数字です。

ということは数値が大きくなるにつれて糸が細くなり光の反射粒が細かく上質な光沢感が生まれるのですが、「スーパー150’s」以上は細すぎて耐久性がなくなってしまうためスーツ地としては適していません。

シャツ

使っている糸は100番手双糸。綿100%。

一般的には100番手以上を使っていれば高級素材と言われる区分なので、高級な綿100%を使って通常価格4,900円。

余談ですが、鎌倉シャツの創業時と同じ価格です。

一年間お直し無料!サイズ保証付き

カジュアルは30日間のサイズ保証が付いていますが、スーツはなんとも破格の超ロング保証。

1年間のサイズ保証付き。

これをマニフェストに掲げるところがマジでありえない。

さすがZOZOとしか言いようがない。

だって、一年っていろんなことがあるよ。

普通に太るし痩せるじゃん。

これ全部を折り込み済みってことでしょ。

ということでサイズの心配はなし。

もちろん返送、発送の送料は無料。

マジで神過ぎるわw

最後に

一年間お直し無料とか国内のスーツメーカーどこを探してもありませんので、サイズの調整は心配する必要はありません。

また、カスタマイズをすることで初めてオーダーの意味が見出せますから「分からないからテキトーに」が一番もったいないです。

自分仕様にカスタマイズして、自分だけのビジネススーツを仕立てましょう。

前回ZOZOオフィスで直接オーダーしてきたので、上がったらばっちりレビューあげまっせ〜。

お楽しみに!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「クスッと笑えて役に立つ」コンテンツの配信頑張ります。

今日も↓↓↓のボタンからシェアお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
『最速で外見を整える』をテーマに発信しているファッションブログ”STYLE HACK”運営。外見最適化のプロ。メンズコーディネートの専門家。バッグ、雑貨好き。「コーディネートを最適化して人生を変えてしまえ」をミッションに活動中。趣味は食べ歩き。痩せないダイエット継続中。
詳しいプロフィールはこちら
広告
広告







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です