現役スタイリストが発信する”印象爆上げ”ブログ

【世紀の大発明】耐熱二重グラス!洗練された”KINTO”ダブルウォールグラスが超絶おすすめ

 
【画像】KINTOのアイスティーグラス
この記事を書いている人 - WRITER -
メンズスタイリスト。30代ブロガー。人生を華麗に生き抜く外見戦略を発信。ショップスタッフ→ブランド営業→専門店販売3社→印象爆上げスタイリスト。世の中の7割に好印象の”イイ男”量産計画進行中。
詳しいプロフィールはこちら

皆様ごきげんよう、ブロガースタイリスト”ミズヒロ”(@niche_hm)です。

 

今日で2017年も残す所120日、37,2%です。

まったく早いですね〜。もう一年の62,8%が終わったなんて信じられません。

 

感覚的な話になりますが、毎年9月くらいから徐々に年末を意識し始めまして、意識し始めたと思ったら年末といった感じです。

 

なんか9月から年末への疾走感がやばい。

 

このスピードは年々早くなって来て、30歳を超えたあたりから一年が四ヶ月くらいに感じます。

 

60歳とかになったらガチで一年が一ヶ月くらいになってそう。

 

前置きが長くなりました。

 

今日はマジで買って良かった、なくなったら死んじゃうよ。

というグラスに出会ったので紹介します。

 

普段からグラスにはそんなにこだわりはなく、いいなと思ったものを用途に分けて買っていた程度だったのですが今回買ったKINTO(キントー)というブランドのグラスは30代雑貨好きおっさんのハートにグサリと来ました。

 

まだ使っていない方は絶対に使った方がいいので紹介します。

優しさ溢れるブランド”KINTO(キントー)”

【画像】キントーアイスティーグラス

KINTO(キントー)は滋賀県に本社を置くテーブルウエアのブランドです。使い勝手の良さはもちろん、見た目にもこだわったデザインが同社の特徴です。日本ブランドならではのクオリティの高さに加え、これまでに無い新しい発想から生まれた製品は日本国内だけでなく海外でも高い評価を得ています。
引用:http://www.webo-kobe.com/brand/kinto.html

つまり、使い勝手がよく、高いデザインと国内の高クオリティが海外でも高い評価を獲得しているブランドです。

 

「デザイン性と機能性」が及第点を越えたのはこのブランドが初めて。

 

まさに時代を象徴するようなシームレスデザイン。惚れるわ〜。

優しさが詰まったコンセプト

【画像】KINTO公式ホームページ

>>>http://www.kinto.co.jp/

「こころ満たされる、豊かな日常を生み出すために。」というコンセプトを持った日本のインテリアブランド。

 

商品に対する思いがすごく素敵で一気にファンになってしまいました。

 

以下公式HPより引用。

「使い心地」と「佇まい」。

私たち作り手は、このふたつの調和を大切にしています。

使い心地の良い道具は、五感になじみ、それを手にする時間に愛着を生みます。

佇まいの美しい食器は、生活空間に自然と溶け込み、使い手の日々を彩るでしょう。

私たちが作りたいのは、日々にそっと寄り添う生活道具。

だからこそ使い手が大切にしている暮らしやストーリーに、日々思いをはせながら、 触れるたび、使うたび、こころ満たされるものづくりに携わっています。

引用:http://www.kinto.co.jp/about/#aboutkinto

インテリアとしてもおすすめのグラス

置いておくだけで、お洒落。うっとりしちゃう。

 

見ているだけではお酒は進みませんが、どんな家でもフィットする洗練されたフォルムが私のお気に入りポイントなんです。

 

ラインナップもシャンパングラスから、スープグラスまで豊富。

 

豊富なラインナップの中から今回紹介するのは、アイスティーグラスです。この中で一番汎用性があるグラスですよ。

【画像】KINTO>>>ショッピングページ

公式サイトより画像引用:http://www.kinto-shop.com/SHOP/80207/171344/list.html

お待たせしました。

ここからは、画像ありで紹介していきます。

インポート感漂うパッケージ

【画像】KINTO(キントー)アイスティーグラスのパッケージ

【画像】KINTO(キントー)アイスティーグラスのパッケージ

【画像】KINTO(キントー)アイスティーグラスのパッケージ

【画像】KINTO(キントー)アイスティーグラスのパッケージ

パッケージが国内ブランドぽくないです。

洗練された印象がビシビシ伝わってくる。

【画像】KINTO(キントー)アイスティーグラスのパッケージ

【画像】KINTO(キントー)アイスティーグラスのパッケージ

梱包は至ってシンプル。

 

開けたら「ハイ!グラス!!」って感じ。緩衝材とか入っていませんので、購入後の商品運搬はちょっと気をつけた方がいいかもしれません。

 

しかし、インポート感漂うパッケージはすごく魅力的。

箱だけ並べてもお洒落だわ。

耐熱二重グラス、その本体に麦茶入れてみた。

なんか本体だけ撮っても反射してうまく撮れなかったので、麦茶入れてみました。

【画像】KINTO(キントー)アイスティーグラスに麦茶入れた

いい感じでしょ。

 

しかも、ちゃんと持ちやすい工夫がされているんです。

 

プクッと膨らんでいる部分に指をかけると持ち上げる時、手にめちゃフィットします。下↓

【画像】KINTO(キントー)アイスティーグラスのくぼみ部分

のっぺりした形状だと滑りやすくなるためこういった工夫がされているんですが、こういう小さな気遣いに惚れちゃいます。

 

このグラスは二重になっているため、こんな特長があります。

 

二重グラスの特長
  • 結露がしにくい
  • 熱湯を注いでも全然平気で持てる
  • 氷をガンガン入れて、キンキンにしても全然平気でもてる

 

なので、来客時にも喜ばれます。

 

しかも、しかもですよ、

耐熱仕様でレンジもオールオッケー

 

なんです。

 

これがね、なかなか無いんですよ。

 

アイスコーヒーを手軽にホットコーヒーにできちゃうし、ウーロン茶をアイスウーロンにもホットウーロンにもできちゃう。

 

状況に応じて温めれるし、冷たくできるマルチユースなグラスなのですよ。

 

命名して、女心は秋の空グラス。(ビシッ)

 

結構あるあるなんですけど、レンジでチンしてもグラス自体は熱くないので普通に持って、普通に飲むと死ぬほど熱くて舌が火傷することがあります。

 

このグラスに限っては手の感覚を信じてはいけませんw

 

ま〜、強いて欠点を言えと言われたら、ビールには合わん。

 

個人的にはビールはやっぱり真空断熱タンブラーが最強。。。長く飲めるからね。

けどな〜、それ以外はこのグラスに勝てる要素なし!

 

しかも意外に安いですからね。

これで、税込1,296円!ガチでオススメやで( ー`дー´)

最後に

普通のグラスを使っているあなたは、今一度考え直した方がいい。

 

いや、一度きりの人生”絶対一回”は使うべきグラスです。

 

思った以上に快適で、家のグラス全部キントーにしたくなるぜ〜!

 

以上、私のオススメのグラスKINTOの耐熱グラスでした〜。

今日は以上!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「クスッと笑えて役に立つ」コンテンツの配信頑張ります。

今日も↓↓↓のボタンからシェアお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
メンズスタイリスト。30代ブロガー。人生を華麗に生き抜く外見戦略を発信。ショップスタッフ→ブランド営業→専門店販売3社→印象爆上げスタイリスト。世の中の7割に好印象の”イイ男”量産計画進行中。
詳しいプロフィールはこちら

<広告>



<広告>











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です