「30代の洋服と鞄」をテーマに発信しているファッションブログ”STYLE HACK”。ブロガースタイリスト”Mizusour/水沢ひろし”が運営しています。30代のメンズコーディネートをメインに取り扱い、男飯・ガジェット・ライフスタイルの発信をしています。外見を整えてなんかいい男を目指します。

リマインダー通知がめちゃ便利!スマートウォッチを試しに買ったら、便利過ぎてアナログ時計に戻れない

 
  2018/02/16
 
【画像】スマートウォッチを買ったらマジで便利過ぎた
この記事を書いている人 - WRITER -
ブロガースタイリスト。30代。 ファッションブログ「STYLE HACK」運営。 スタッフ、店長、バイヤー、営業職を経験し独自の目線で"着こなし"テクニックを発信しています。趣味は食べ歩き、永遠の課題はダイエットです。
詳しいプロフィールはこちら

皆様ごきげんよう、ブロガースタイリスト”Mizusour”(@niche_hm)です。

私、近年の技術の進歩に大変驚嘆しております。

先日、約1mくらいの段差を普通に歩いて転落し、見事に「手の平」の皮がずり剥けてしまったのですが、あまりに傷が大きくて絆創膏じゃはみ出してしまうため血だらけで薬局に行った所、キズパワーパッドというアイテムに出会いました。

傷口を密閉してバイ菌が入らないようにしてくれて、防水で風呂に入っても痛くないし、自然治癒力が高まることで(体液を吸収しゲル状にすることで適切な環境を保持)回復までのスピードを最適化。

いや〜、絆創膏なんかもう使えない体になってしもうた。

ジャンボパックで3枚入りで1,058円という激高な価格に期待して大正解。

そんな技術の進歩を駆使した時計が今日のお題。

ソニーのスマートウォッチ3なんですが、こいつがマジでやばい。

新しいモノ好きな私ですから、なんでも新しいものには挑戦したいと思っているのですが、いつも身につけるものでいきなり本気モード出したけど、やっぱりいらなかったとはなりたくありませんので、まずは小さく試します。

今回はあんまりちゃっちいスマートウォッチを買ってもサンプルにならないだろうと思いまして、スマートウォッチ3(SonyのSmartWatch3 SWR50)を購入しました。

ちなみに、こいつの発売が2014年11月28日ということで今更感たっぷりなのだけど、本当に良かったから紹介するぜ!

エントリーモデルとしておすすめのスマートウォッチ

普段から着信やライン、メールをチェックするのに毎回スマホを取り出すことが地味に面倒なため、なんか方法はないかと思考した結果スマートウォッチという結論に至りました。

僕の場合スマホを常にサイレントモードにしているため、着信には気付かないし、メールにも気付かない。

メールに関してはまとめて返信する時間を作るんですが、着信を毎回折り返すのがマジで面倒臭い。

基本的に全部ラインかメールでというポジションングを獲得しているんですが、いるんですよね〜。

電話してくる人が。

毎回折り返すのがめちゃくちゃ面倒くさい。

ただ、それだけ。

だから、他にも色んな機能があれば嬉しいけど、とりあえずスマホを取り出さずに連絡をリアルタイムで確認できればいいやといった感じでリサーチしました。

ランキングをググればアップル首位獲得。

価格.com - ウェアラブル端末・スマートウォッチ 人気売れ筋ランキング
ウェアラブル端末・スマートウォッチ人気売れ筋ランキング!今売れている人気製品をランキングから探すことができます。価格情報やスペック情報、クチコミやレビューな...

 

ブログをググれば、比較記事。

「で、どっちがいいの?」 Apple WatchとAndroid Wearを使い比べて分かったこと (1/4)
スマートウォッチのApple WatchとAndroid Wearはどちらがいいのか? 2つを2カ月使って分かったこととは?

 

最初だしiwatchがいいかなとも思ったのですが、アンドロイドスマホの私はペアリングできないということで即断念。

マジで使えねえな。

アップルさんよ。

安すぎても微妙だし、スポーツタイプの細いバンドのはビジネスシーンでは使えないし、いかにもお洒落っぽくするのは野暮だしな〜。

そんな思考を頭の片隅に置きながら、SNSで消耗している時にズバン!と来たネイティブ広告!

それがソニーのスマートウォッチ3。

(変えもしないベルトを)シーン別にバンドを変えれるんだぜ!

というメーカーの目論見に純粋に乗った私は、ソニーのスマートウォッチ3をゲットしました。

“Mizusour”
うん、うん。

飽きたらバンドを変えればいいしね

現在国内では取り扱いがないため、並行輸入品のみ取り扱いです。下↓

初のウェアラブル端末

いや〜、どんなことも初体験って興奮しますよね。

初めてスマホを持った時なんか興奮しすぎて寝つけませんでした。

そう、これが私の人生初めてのスマートウォッチ3である。

スマートウォッチ3(SmartWatch3 SWR50)のスペック

メーカー SONY
商品名 SmartWatch3 SWR50
CPU 1.2GHz クアッドコア
メモリ 512MB
外寸 コア:3(横)約36mm×(縦)約51mm×(厚さ)約10mm 8g+リストバンド:38g
重量 コア:38g+リストバンド:38g
画面サイズ 約1.6インチ
解像度 320×320
防水・防塵機能 防水(IPX8)/防塵(IP6X)
センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、GPS、光センサー

気になる装着感・充電・ベルトの調節

【画像】スマートウォッチ3を開封したよ

サイズは1,6インチで一般的なデジタル時計よりちょっと大きめ。

若干厚みがあります。

これね、単体で見るとそんなに違和感ありませんが、実際につけると結構存在感あります。

多分ラバーベルトがそう見せるんだと思う。

気になる方は、ベルトも変えれるのでご検討を。

ベルト調節。おすすめのスマートウォッチ3のレビュー【Sony】SmartWatch3 SWR50

ベルト部分。おすすめのスマートウォッチ3のレビュー【Sony】SmartWatch3 SWR50

リストバンドは、直接小穴に差し込むタイプではなく、金具で固定するタイプ。

サイズ調整で小穴を使用するのですが、これがめちゃくちゃ簡単にサイズ調整が可能です。

普段時計を買い慣れていない人はわかると思うんですが、通販とかで時計買って自分でサイズ調整やると結構面倒じゃないですか。

その点、このベルトは超シンプルな方法でサイズ調整ができるので楽勝です。

通販が全然怖くない。

時計屋行く必要なし。

【画像】スマートウォッチ3のUSBケーブル

同梱されていたマイクロUSBケーブル。

めちゃくちゃ短い。15cmくらい。

マイクロUSB2.0なので、アンドロイドスマホの方は代用可能です。

【画像】スマートウォッチ3の充電状態

どのレビューにも書いてあるけど、マジでこれはいただけない。

凄まじくやりづらい。

裏側のラバーの蓋を爪でこじ開けて装着するんですが、これが慣れても結構開けづらい。

最初はこれにちょっと手間取ること間違ありません。

ただ、防水だからね。

一応そのメリットでイライラは打ち消されますけど。

“Mizusour”
おいおい、めちゃ固いやんけ

ゴルァ!

“Mizusour”
まあ、けど防水だし

この価格だしね

“Mizusour”
ま、いっか

【画像】スマートウォッチを分解したよ

ベルトと本体を外した状態。

抜くだけ簡単。

こんな感じで簡単にベルトを付け変えれます。

【画像】スマートウォッチ3を装着した

意外に軽くて装着した感じもなかなか未来感あってよさげ。

上記でも触れましたが、自分がつけてるとそんなに違和感はありません。

が、写真撮るとちょっとボリューミーになります。

ラバーベルトの絶妙なフィット感は好きです。

アプリをダウンロードしよう

ちなみに、アンドロイドで使う場合はアプリがないと動かないぞ!

気をつけい!

アプリ名Android wear:Google Playへ下↓

最後に

現在スマートウォッチをご検討中のあなたも、まったく考えていないあなたも経験として使ってみるといいですよ

やっぱり”知っている”と”分かっている”は違いますから。

合わないなと思ったらメルカリで売ってしまえばいい。

体験する価値はあります。

マジでおすすめ。

 

では、本日もスマートに精進しましょう。

本日紹介したスマートウォッチ3。現在(2017年7月)国内での取り扱いがないため並行輸入品のみの取り扱いです。

保護シールは2枚入りがステキ。

長く使うと汚くなりますからね〜。

替えは余分にあった方がいいに決まってます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「クスッと笑えて役に立つ」コンテンツの配信頑張ります。

今日も↓↓↓のボタンからシェアお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
ブロガースタイリスト。30代。 ファッションブログ「STYLE HACK」運営。 スタッフ、店長、バイヤー、営業職を経験し独自の目線で"着こなし"テクニックを発信しています。趣味は食べ歩き、永遠の課題はダイエットです。
詳しいプロフィールはこちら
広告
広告







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です