30代の男性に向けて『最速で外見を整える』をテーマに発信しているファッションブログ。ブロガースタイリスト”水沢ひろし”が運営。メンズコーディネートの専門家。メンズコーディネートをメインに取り扱い、ガジェットやライフスタイルの発信をしています。

スタジオアクア高いけど納得の質で大満足だった【フォトウェディング体験】

 
  2018/07/25
 
スタジオアクア横浜店おすすめ
この記事を書いている人 - WRITER -
メンズコーディネートの専門家。ブロガースタイリスト。 30代の男性に向けて『最速で外見を整える』をテーマに発信しているファッションブログ”STYLE HACK”運営。 バッグ、雑貨好き。料理苦手。食べる専門。痩せないダイエット継続中。二子玉川の蔦屋家電によく出没します。
詳しいプロフィールはこちら

いや〜、気付けば2月。ブログの更新は一回空くと戻ってこれなくなるので要注意すわ〜。

皆様ごきげんよう、ブロガースタイリスト”ミズヒロ”(@niche_hm)です。

サボり癖に定評のある私なのですが、そんな私もリング自作に加えて結婚式に向けて写真撮りをしてきましたよ。ええ。

評判のスタジオアクア横浜でな!

結婚式は家族だけで小さくハワイで上げる予定の私は、親戚や友人たちになんとか目の保養をしてもらいたく、写真で演出していこうぜということでフォトウェディングに踏み切りました。

いやはやこれがまた、ビックリ仰天な価格で驚いたのですが冷静になって考えてみれば納得です。

フォトグラファー、メイクさん、打ち合わせ、アルバム作成、データ受け取り、ウェルカムボード付き、写真加工、衣装直し、撮影時間約4時間超え。

たかが写真されど写真。

そう。

写真とはクリエイティブなのだ。

スタジオアクア横浜店を選ぶまで

「そうだ!写真を撮ろう!」そう思って、すぐ撮れるほど甘くはありません。

世の中には金で買えない先客がいるのだ。

時間同様お金も大切なリソースであるゆえに検索リテラシーが高い私は、首都圏のスタジオをググりまくる。

とはいっても、一回行っていきなりメイクしてくれて衣装を選んで「はい撮影しましょ♩」なんてスタジオはあるわけないから、普通に通える範囲で検索。

自宅が神奈川なので、足立区とか全然無理だよね。どれだけ安くても。

で、何個か候補が出た。

結局嫁との話し合いの結果、衣装のボリュームと質の高いスタッフ陣。何より「実績」でスタジオアクアを選んだ。

まずは予約。

【画像】スタジオアクア横浜

>>>https://www.studioaqua-yokohama.jp
ホームページから予約画面に進んで予約を完了っと。

後日確認の電話が来ます。

“嫁”
よし、予約完了っと。これで安心だね
“ミズヒロ”
うん、忘れなければね
“嫁”
殺すぞ、貴様。

スタジオアクア横浜店はここにあります

グーグルマップの経路案内で一応辿り着いたけど、マジで分かりづらい。

横浜駅からスタジオまでの経路をまとめたので下記の写真案内をご覧ください。

打ち合わせ

私ども夫婦は和装と洋装両方を希望しているため、打ち合わせは計2回。

初回はプランと料金の説明と、衣装の説明。

ipadで「こんな感じです〜。」みたいにスタッフさんが説明してくれます。

ちなみに私達は数あるプランの中でこいつを選択しました。

スタジオアクアの料金プラン

2回目はウェディングドレスとスーツを選ぶんですが、これがマジでカオス。

マジでカオスなんですよ。こいつが。

構図としては以下。三つ巴の戦争が始まります。

  • 衣装を触る
  • ipad片手のスタッフ
  • 見守る

衣装選び

“ミズヒロ”
一生に何回もあるもんじゃないから、好きなの選びなよ。
“嫁”
うん。わかった。そうだよね。
“嫁”
じゃあ、これ!

「スタッフ」そちらは、8万円です。

“ミズヒロ”
え?
“嫁”
え?
“ミズヒロ”
結構高いもんすね
これもいいね!これは?
“ミズヒロ”
良さそう!

「スタッフ」そちらは、10万円です。

“ミズヒロ”
…。
“嫁”
…。
“ミズヒロ”
まあ、気にするなよ。
“嫁”
うん。
“ミズヒロ”
じゃあ、こ…

「スタッフ」こちらは、12万円です!さすがお目が高い!

“ミズヒロ”
…。
“ミズヒロ”
まあ、値段は気にすんな!好きなのピックしな

嫁5点ピックアップ。

「スタッフ」えっとですね、そちらとこちらが既にご予約いただいておりまして撮影当日は着れないんです。

“ミズヒロ”
グッハ!

マジかよ。先約とかあるんか。

てか、そもそも高いパック料金払っているんだからさ無料枠はどれなの?

「スタッフ」そ、そうですね〜、無料はコチラでございます。

“ミズヒロ”
…あー、こりゃ無理だわ。
“ミズヒロ”
じゃあ、ある中で選ぼうか。

という流れで試着開始です。

ちなみに、この時に衣装の調整をします。嫁のドレス姿見れますよ。

興奮はしませんでしたが、「…ワォ!」ってなった。

次に俺タイム!

“ミズヒロ”
最初に聞くけど、無料はどれ?

「スタッフ」そうですね〜、一応こちらなんですが無料はMサイズのみとなりまして、それ以上のサイズは全て有料なんです。

“ミズヒロ”
そうか。え?サイズがLってだけで有料?(そんなバカなことがあってたまるか。)

ということでLサイズの私はどうせ金かかるならと、嫁同様気に入ったスーツを選びました。

で、当日までに股下の調整をしてくれます。

え?じゃあ、和装は?

思っちゃいますよね。

和装は当日しか見れないんです。

このシステムどうにかならないの?って普通に思う。

しかも、和装で使うステテコと足袋は自分で準備しなきゃいけないしね。(レンタルできるけど、すげえ高い)

せっかく高いんだからこういう付帯サービスちゃんとやってよ。手ぶらで直行直帰させてよ。って普通に思います。

ちなみに私はステテコはユニクロで買って、足袋はこいつを買いました。下↓

しっかりしている割に安い。

撮影が終わったら部屋で履けばいいやと思ったけど、もちろん一回も履いてないぜ!

撮影当日

さあ、撮影当日だ。

当時は嫁の方がやることたくさんあるから1時間30分ほど早くスタジオイン。

その間、家でぐーだらするのが旦那の務め。

撮影時間が長いから、お腹空かないようにめっちゃ食ってダラダラしてました。

久々の一人めちゃ楽しい。

で、1時間30分のぐーだら終了次第旦那もスタジオイン。

スタジオに入ると、フィッティングルームに案内される。

メイクさんより一言。

最初は和装から行きますので、ステテコと足袋穿いてインナー1枚で待機しててね。

とのこと。

“ミズヒロ”
は、はい。(何が始まるんだろう。ドキドキ)

コンコン!着替えました?

“ミズヒロ”
はい!(ドキドキ)

では、着付け始めます。

淡々と着付けをしてくれます。

女子2名体制で。

ものの5分くらい。

できた。

けど、嫁の着付けが終わるまで待たなきゃいけない。

なげえ。暇だから袴姿の自分をパシャり。

【画像】袴試着

嫁の準備ができて、晴れて撮影開始。和服姿の嫁とは、スタジオ内で初めてお目見えです。

いつも見る感じとは全然違う嫁を見るとちょっと新鮮。

撮影開始

カメラマンさんとメイクさんの元気いい挨拶で撮影開始です。(すみません、スタジオ内を撮影できませんでした。)

口で説明されてもどういうポーズをするのが正解かまったくわからない私共夫婦は、カメラマンさんとメイクさんの手取り足取りで細かく立ち位置、顔の向き、目の向きを作ってもらいます。

なまじ撮影経験がある私達は心の中で、

“ミズヒロ”
お、俺だって昔はモデルとか…
“嫁”
わ、私だって学生時代モデルとか…

こう思っていましたが、微塵も感じれないくらいにガチガチの硬直状態。

大変緊張しました。

男性の和装は胸をグッと張った方がいい感じに映るらしく、猫背気味になるとカメラマンさんが、

「春日!トゥース!!」

と、言ってくれます。

これマジでわかりやすいんですよ。

その度に、「そうだ!そうだ!」と、胸をグッと張ります。

立って撮影して、三つ指ついて撮影して、色んな場所で撮影して、気付いたらあっという間に2時間経過。

衣装替えのお時間です。

衣装替え

次は、洋装。

なんかスタジオ内が静かになってきている。多分もう、新規打ち合わせとかのお客様がいないんだろう。

フィッティングルーム案内後、今度は洋装のスーツに着替える。

シャツはアームバンドを使用するため、クソ長いけど大丈夫。

安心したまえ。

着替え終了後すぐに撮影開始。

と、思いきや嫁の髪型がなんちゃらかんちゃらでまたしばらく待つことに。

だからまた自撮りした。

【画像】スーツ試着

洋装撮影開始

ちょっと疲れたな〜なんて思っていたけど、嫁のドレス姿を見たらなんかグッときました。

俺としたことが。

なんかこみ上げるものがあるんですよね〜。なんだろうね。

ここからは、持ち込んだ小物も使える時間です。

私達が持ち込んだ小物はこれ。

嫁がメジャーで作ったアクセサリー

【画像】手作りアクセ達

【画像】手作りアクセ男子

【画像】嫁手作りアクセ

【画像】手作り蝶ネクタイ

友達が結婚祝いで作ってくれた豚

【画像】結婚祝いの豚

もう、撮影は慣れっこ。和装で慣れてるから。

それなのにウチの嫁は、、、

カメラマン「旦那さんに腕組みしましょうか!」

って言われて、普通に一人で腕組みしちゃうし、

カメラマン「右手を左手の上にそっと乗せてください〜!」

って言われて、どっちが右か左か分からなくなって蝿のゴマ擦りみたいになってるし。

嫁さんどうなってんの!?みたいな状態で場を和ませてくれました。

ありがとう。

洋装のセットは階段になってるところがあるんですけど、この箇所で撮影するとドレスがすごく映えます。

テールが長めのドレスを選ぶと迫力があって本当にもう素敵。

洋装になるとカメラマンさんが「もっと顔をくっつけて」ってめちゃ言われるんですけど、普通に恥ずかしいからできないやん。

よっぽど周り見えなくなってるほやほやカップル以外無理だろ。あれ。

今回撮影してくれたカメラマンさんメイクさん

カメラマンはマジでこの人で良かったです。

めちゃくちゃ元気でいい感じにリードしてくれました。本当助かった場面多々。

嫁と同じ名前(カナコ)ということを全ての撮影が終わってからカミングアウトしてくれた。どうもありがとう。

【画像】カメラマン

着付けを担当してくれたメイクさん。

最初の衣装選びも担当してくれました。めちゃ親切な方です。

【画像】着付け担当メイクさん

撮影時ずっとついてくれてたメイクさん。

細かい気遣いが上手な方。和装の撮影中なんどもシール家紋を落としたのを懸命に拾ってくれました。

【画像】嫁の着付けのメイクさん

スタジオアクア横浜への行き方

①中央北改札を背にして右手にドトールを目印に直進します。

【画像】スタジオアクア経路

②エスカレーター(階段)を昇って直進してジョルナの地下道へと降ります。

【画像】スタジオアクア経路その2

③地下に降りたらこのままずっと直進です。

【画像】スタジオアクア経路その3

④脇目もふらずずっと直進です。

【画像】スタジオアクア経路その4

⑤スタバを過ぎてHISが見えたらゴールは近い。HISをさらに直進。

【画像】スタジオアクア経路その5

⑥HISから道なりに進むと自動ドアのすぐ左に「南11」という出口がある。ここを昇ります。

【画像】スタジオアクア経路その6

⑦昇りきるとりそな銀行のビルにブチ当たる。

【画像】スタジオアクア経路その7

⑧それが日本生命横浜西口ビル。ここに入る。

【画像】スタジオアクア経路その8

⑨このビルの8階がスタジオアクア横浜です。

【画像】スタジオアクア経路その9

めちゃくちゃ経路は簡単でして、中央北改札を背にして右手をずーっと直進なんです。

初めて行った時はグーグルマップを頼りに地上から行ったんですが、全然場所わからなくてめちゃくちゃ困った。

今後スタジオアクア横浜で写真撮影される方は、参考にしてください。

最後に

結局なんだかんだでかかった金額がコチラ。

内容 金額(税込)
送料 ¥1080
洋和スタジオ/ハウススタジオ・V20+全データ+台紙2冊 ¥151,200
白ドレス ¥97,200
タキシード ¥32,400
ヘアメイクチェンジ(嫁だけ) ¥10,800
ブライダルインナー ¥5,400
¥5,400
小物コーディネート ¥10,800
色打掛 ¥75,600
合計 ¥389,880

高いけど意外にやって良かったです。

むしろ子供ができたら、毎年家族写真撮りたいくらいプロの写真の魅力にハマりました。

だって、普段こんな私が、

【画像】普段の俺

こんな風になるんですよ。下↓

【画像】イケメン

絶対素人じゃ無理でしょ。

結婚式の前撮りやフォトウェディングを考えている夫婦は、ちょっと高いけどスタジオアクアおすすめです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「クスッと笑えて役に立つ」コンテンツの配信頑張ります。

今日も↓↓↓のボタンからシェアお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
メンズコーディネートの専門家。ブロガースタイリスト。 30代の男性に向けて『最速で外見を整える』をテーマに発信しているファッションブログ”STYLE HACK”運営。 バッグ、雑貨好き。料理苦手。食べる専門。痩せないダイエット継続中。二子玉川の蔦屋家電によく出没します。
詳しいプロフィールはこちら
広告
広告







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です