見た目を整える”コト ・ モノ”を発信するブログ

カードもキーもコインも入る多用途がマジで素敵!工夫次第で使い方広がるポーターのマルチケース

 
【画像】コインもカードもキーも収納できるマルチケース
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目最適化スタイリスト。30代ブロガー。見た目を整える「モノ・コト」をテーマに発信しているブログは月間4万PV。世の中の7割に好印象の”イイ男”量産計画進行中。
詳しいプロフィールはこちら

積み上がる本を見て私は思うんです。

ああ、読まなきゃなと。

 

必要だと思って買った本を見てタメ息吐くってどうかしてない?

 

と、自分の感性を疑いたくなるのですが読まないからそこにある事実を受け止めて、全て処分することに決めました。

 

無駄に脳内のワーキングメモリを消費して、いつ読むかスケジューリングすること自体がマジでナンセンスなんだから。

 

モノだろうが本だろうが使ってなければ同じこと。

そこにあるだけで消耗し続けます。

 

皆様ごきげんよう。ブロガースタイリスト”ミズヒロ”(@niche_hm)です。

 

約2年前から愛用しているポーターストームのマルチケースがいい加減古くなってきたから、そろそろ買い替えようかな〜と、ふらっとググったら2018年verが発売していたため買い換えました〜。

 

今回は2年前からの変更点も含めて使用感をシェアします。

 

前作もレビューしたんですが、昨年からキーリングが付属して値段が上がったりと、特段私にとって嬉しいニュースはなかったため今のマルチケースが古くなったら他のシリーズにしようと思っていたのですが、「ちゃんとクライアントからフィードバックもらって改良してるに決まってるよね。吉田カバンだもんね。」というメーカーへの期待も込めて今回は購入を決意。

 

キーリング付きの新作マルチケースに買い替えて、約2週間が経過しました。

今年で10周年のポーターストーム

【画像】マルチケース新作2018年

今回はポーターストーム10周年ということで、一部素材がプレミアムな仕様に変更されています。

 

ちなみに、2018年のカラーは「ヘリテージブラウン」。

 

ヘリテージ=伝統色みたいな認識で問題ありません。

本体素材は変更なく「ナイロンツイル」を使用。

 

色味は落ち着いたブラウンで素材の光沢感が絶妙な大人感を演出していて素直にかっこいい。

 

ここまではいつもとなんら変わらないのですが、今回は10周年記念にふさわしいプレミアムな変更点が三つあります。

 

今回の変更点
  • 切り替えの素材がターポリンからPVC型押しに
  • キーリングの金具がシルバーから淡いゴールドに
  • 価格もプレミアムに…5,900円から6,900円に

 

確かにPVCの型押しはかっこいい。

素材のツヤ感とマッチしているし、高級感がある。

 

これまでのシリーズと比較しても断然大人っぽさが増してます。

 

キーリングは今回初だからよくわからないけど、金具の色味もブラウンに寄せることでより雰囲気は統一されている。

写真で見るより実物の方が断然よく見えますよ。

 

私としては見た目も重要ですが、今回はこのキーリング目当てで買った部分があるのでキーリングびいきでレビューを書きます。

背面のキーリングはどうなの?

前回の記事で鍵一本の収納にめちゃ便利だし、頻繁に使うカード類の一元化に素晴らしく素敵なツールだぜ!と断言したのですが、実際に使っていると一点だけ死ぬほど面倒なことがありました。

 

それはね、

鍵の出し入れ!

 

さあ、家に着いたぞ。

 

鍵を出そう。

場所は決まってる。

考えることもない。

 

すぐに鍵が出る。

 

はずが、

 

ファスナー開くのマジ面倒くせえ。

 

しかも、酔っ払って膀胱パンパン状態で鍵を出す時とか、朝忘れ物して焦って帰った時なんかは特にやばい。

 

焦り過ぎて鍵落とすわっ!

 

ファスナーがうざい。

その1秒マジでいらねー。

 

開けたくない。

これずっと悩みでした。

 

ただ、昨年からこのキーリング付きのタイプは気にはなってはいたけど、「外に鍵を付けて剥き出しになるの嫌だな〜。うるさそうだし、カジュアルに出せないな〜。」と、ちょっと敬遠していました。

 

そういった意味でも今回のキーリング付きマルチケースは「人類にとってはただの一歩でも、私にとっては大きな一歩である」というものなんです。

で、結局キーリングはどうなの?使いやすい?

購入から約2週間毎日使っています。

 

外側にキーリングがあったら今までみたいに、裏表関係なく電子マネー使えなかったり、単体で持ち歩いたらうるさいし、かさばるんじゃないかと思っていました。

 

てか、めちゃくちゃ危惧していた。

けどね、それは杞憂だった。

結論から言うとめちゃくちゃ便利!!

 

これまでの「マージ面倒くせえ。」が見事に一発解決。

 

鍵が一本だということもあるけどうるさくないし、全然かさばらないし邪魔にもならない。

 

ケース出したら即ガチャができるノーストレスな超優秀マルチケースに進化していました。

いや、キーリングがあるだけでこんなに変わるんだね〜

ミズヒロ

腑に落ちた瞬間。

 

さすが、ポーター。

この企画をした人はすごく私を理解している。

マルチケースのスペック&ポーターストームの詳細

ブランドPORTER×SAC’S BAR
シリーズPORTER STORM(ポーターストーム)
品番383-17095
サイズ約W11×H7×D2.5cm
重量:約35g
素材表:ナイロンツイル(PVC加工)
(アクリルコーティング)
切替し:レーヨンオックス(PVC加工)
裏:ナイロンツイル(アクリルコーティング)
ナイロンオックス(アクリルコーティング)
仕様ダブルファスナー開閉

【内側】フリーポケット×6

【背面】キーリング×1

価格6,900円+tax

国内の鞄メーカー最大手の吉田カバンと国内の鞄小売り最大手のサックスバーのコラボ商品です。

 

毎年アップデートを続けている共同開発シリーズ”ストーム”なのですが、ラインナップとしても今年が一番よさげだと私は思う。

 

小物はキーリングが追加され、クラッチバッグも追加された。

モダナイズされた製品の完成度は年々上がっている。

 

公式サイトは下記。

【画像】サックスバー

>>>http://sacsbar.com/fs/sacsbar/c/0000003096

カード収納あり。多用途なマルチケース

ここからは画像ありで紹介していきます。

 

前作同様で内装は一切変わっていません。ポイントは切り替えの素材の変更部分とキーリングです。

【画像】ポーターストーム/マルチコインケース

正面外装。いつも”お取り扱い説明書”がついてくるけど、バッグにも小物にも全部同じ取り扱い説明書がついてくるから読む気にならん。

前作(2016年)

【画像】ストーム2016年モデル

2018年新作

【画像】ストーム2018年モデル

切り替え素材(底部分)の素材をよく見ると、前作のものはフラットな素材を使っているのに対して、今作はゴツゴツした型押しの素材に変更されています。

 

意外とこれ高級感ありますよ。一見レザー風で。

【画像】ストームコインケース斜め

このアングルが一番実物に近いと思う。

 

綺麗なヘリテージブラウン。色味が絶妙。本当にいい感じです。

【画像】ストーム背面

背面キーリング。

 

ここに鍵を付けます。私のように鍵一本しか持っていないあなたは、めちゃくちゃ使える。

鍵をつけた感じ。下↓

【画像】鍵をつけた

普通に付けたけどこのキーリング、バッグに付属しているキーファブとかにつけても良さそう。

 

キーリングも使い方次第でいろんな使い方できそうです。

 

誰か新しい使い方を教えてほしい。

【画像】ポーターマルチケースファスナー

ファスナーには「PORTER」の刻印が入っています。

 

さりげないんですけど、こういう細部へのこだわりって大事ですよね。

 

このファスナーに「YKK」って書いてあったら拍子抜けですもん。

【画像】内装手前

内装片側。

逆側もまったく同じ内装で、小さいフリーポケットが2つとカードポケットが1つ。

 

ちゃんと閉じた状態でも、電子マネーは反応しまっせ。

【画像】内装奥

逆側内装。

内装は全く同じですが、こっちはタグ付き。共同開発商品の証「ポーターとサックスバー」のタグが仲良く並んでいます。

【画像】キーリング

よく見るとキーリングにも刻印があるんですよ。「PORTER」と刻まれています。

 

薄いゴールドのキーリングが高級感を高めています。

しっかり手になじむサイズ感

実際に持ったらこんな感じ。

 

ちょっと実際に見るより色が飛んでる感じがするけどここは私の技術不足スマホカメラの限界ということで割愛。

 

コンパクトでしっかり手になじむサイズ感。

【画像】キー、コイン、カードが入るマルチケース

キーリングにキーを付けると出し入れが省略されてめちゃくちゃ快適。

 

私は一本だけど、2〜3本なら十分付けておける感じです。

【画像】キー、コイン、カードが入るマルチケース”ストーム”

最後に

財布の中でも機能していないカードって実は沢山あって、整理してみると引越し前に使っていたドラッグストアのポイントカードだったりとかってあるんですよね。

 

自分フィルターを通して精査されたスタメンカード達をマルチケースに収納することで、会計時大幅な時短になります。

 

そして、財布も薄くなる。

キーリングが外装に付属してますから、探す必要はありません。

 

「感覚を整理するには、空間を整理すべきである。」

 

私はマルチケースに出会ってそう感じました。

スマート紳士の必需品として私は強くおすすめします。

※P.S キーが邪魔して改札通りにくいんじゃないか?問題

前回のマルチケースは本体背面にキーリングが付属しておらず、両面フラットな状態だったので向きを気にせず改札を通れたのですが、今回はキーリングが付属しているためICカードを入れる場所が問われます。

 

うん。

そうめちゃ単純。

キーリングの逆側に入れればいいだけw

 

最初はちょっと気にしていましたが、なんのストレスもなく改札を通過しております。

今回紹介したマルチケースはコチラ下。↓

 

マルチケースでカードの整理と財布の最適化ができたら次はコレ。

肥大化したバッグの中身を最適化して、スマートなビジネスライフとファッションライフを送れるドキュメントケース。

 

クラッチバッグなんか〜と揶揄しないで、バッグインバッグとしてもおすすめなんだから是非使っていただきたい。下↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「クスッと笑えて役に立つ」コンテンツの配信頑張ります。

今日も↓↓↓のボタンからシェアお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目最適化スタイリスト。30代ブロガー。見た目を整える「モノ・コト」をテーマに発信しているブログは月間4万PV。世の中の7割に好印象の”イイ男”量産計画進行中。
詳しいプロフィールはこちら

<広告>



<広告>











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です