現役スタイリストが発信する”印象爆上げ”ブログ

大人が使うべきおすすめメンズポーチ【厳選8選】最速で出したいものが出るスマートツール

 
【画像】おすすめメンズポーチ
この記事を書いている人 - WRITER -
イメージアップクリエイター。30代。人生をスマートに生き抜く外見戦略を発信してます。世の中の7割に好印象の”イイ男”量産計画中。ゆるく”ムダ”なく生きたい人。娘のプールデビューに向けてガチでダイエット始めます。
詳しいプロフィールはこちら

『便利なのは分かるけど、ポーチごときに10,000円以上払えないんすけど。』

 

そんな皆様に朗報です。

ブロガースタイリスト”ミズヒロ”(@niche_hm)です。

 

以前ポーチは機能性と素材で選ぶといいよという記事を書きまして、めちゃくちゃ反響があり2年前にも関わらず今だに一定のアクセスがあるのですが、前回紹介したPORTERのポーチ(当時は6,500円)が値上げを行い、今や10,800円という高級品になってしまいました。

 

いやさすがに、機能面では助かるポーチでも10,000円超えたらラグジュアリーすぎるやろ、ということで今回はお洒落偏差値を下げずアンダー10,000円ポーチをまとめて紹介します。

 

と、その前に…

男性でポーチを持つ必要ある?

そもそも男性でポーチを持つ必要あるのかよ。

という質問をたまにされるのですが、この答えは断言できます。

 

あるに決まってる。

 

我々ビジネスパーソンは年に150時間も探し物に時間を割いていて、そりゃもう時間がねーとか言ってる人は探し物の時間を削減したら簡単に時間なんか作れちゃうんじゃないの?というのが私の所見です。

 

時間は作るものですから。

 

洋服のポケットだけで事足りる人以外、ポーチは全ての男性が時間的コストを削減するための必須アイテムだと言い切れます。

メンズポーチを選ぶポイント

このあたりはおさらいになるのですが、私的ポーチの判断基準は、

  • 軽量
  • 多少雑に扱ってもいい素材(ナイロンなど)
  • 大人っぽい(光沢感がある)

です。

 

以前にも触れいているのですが、やっぱりレザーはNG。

 

その理由は、

  • まず、重い。
  • そして、傷が付くのをビビりながら使う時点で全然日常使いには適していません。

 

傷が付いて目立つから休みの日にお手入れとか、わざわざポーチごときでやりたくないよね。正直。

 

ということで、ポーチを選びは上記3点(軽い・ナイロン・大人っぽい)を基準に選ぶといいですよ。

アンダー”10,000円”以下のおすすめメンズポーチ

さて、ここからは大人が持って恥じないブランドとポーチを紹介していきます。

 

ポーチの重要性を理解したあなたはこの中から好みと価格とデザインを加味して選びましょう。

PORTER(ポーター)

【画像】おすすめのポーチブランドPORTER

>>>https://www.yoshidakaban.com/

前回にも紹介しており、不動の人気を誇るPORTERです。

日本のラゲッジブランドの代表格と言っても過言ではありません。

 

ただね、純国産だから高いんです。

質はいいんですけど、年々値上がってるし。

 

その中でも比較的買いやすいポーチがこちら。下↓

 

こじんまりしていて荷物が少ないあなたはこのサイズがおすすめです。

素材もツルッと光沢があって大人っぽい。

 

幅が20cmあるんですが、このくらいあると歯ブラシとかも入るのでランチ後もこれ一つ持っていれば安心です。

しかも防水ですから。

ベーシックなサイズはこちら。下↓

汗拭きシートとかまで入れるなら、サイズ的にはこっちの方がフィットします。

もっとも汎用性が高いタイプ。

BRIEFING(ブリーフィング)

【画像】オススメのポーチブランドブリーフィング

>>>https://www.briefing-usa.com/

スーツやジャケパンスタイルに合わせても見劣りしない数少ないナイロン製品を展開しているブリーフィング。

 

サコッシュのおすすめ記事でも書いたのですが、ナイロンで大人っぽさを表現するにはこのブランドがもっとも適していると思います。

 

ナイロンはどうしてもチープになりがちなんですが、ブリーフィングとTUMIは不思議とクラシカルなスタイルにもちゃんとハマってくれるんですよね〜。

THE NORTH FACE(ノースフェイス)

【画像】オススメのポーチブランドノースフェイス

>>>https://www.goldwin.co.jp/tnf/

言わずと知れたアウトドアブランド”ノースフェイス”。

様々な業態を展開しており、ラグジュアリー感すら漂う雰囲気があったりします。

 

アウトドアブランドなんですけどね。

 

ここまでエレガントが漂うアウトドアブランドは他にないでしょう。

 

アウトドアブランドが作るポーチで外れを引く理由はありませんよね?

まず間違いありません。

STANDARD SUPPLY(スタンダードサプライ)

【画像】スタンダードサプライ公式サイト

>>>http://egw-store.com/?mode=f4

持つ人を選ばないシンプルなラゲッジブランド、スタンダードサプライ。

 

シンプルな上にエレガントがレイヤーされているため、大人が持ちやすい雰囲気だと言えます。

 

私的には使っている素材やデザインもそうなんですけど、ロゴが秀逸だと考えています。

Aer(エアー)

【画像】オススメのポーチブランドAer(エアー)

>>>https://aersf.jp/

2014年に立ち上がったばかりのブランドで急激に国内では支持され始めていますが、まだまだアングラな部分があるので簡単にブランド説明を。

 

コンセプトは“都市生活のなかで必要とされる耐久性がある高品質なバッグ”。

 

『エアー』のバッグが支持されている理由は、モダンなデザインでいて機能に優れている部分。

 

このブランドのキレイな素材とフォルムは”うっとり”します。

Incase(インケース)

【画像】オススメのポーチブランドインケース

>>>https://incasejapan.com/

iPhoneやiPadの収納、持ち運びに特化したApple社公認のブランド”インケース”。

 

シンプルかつ機能的であることからビジネス用に使う人も多く、誰が持っても偏った印象になりません。

 

迷ったらこれ!的なブランドです。

BEAMS(ビームス)

【画像】オススメのポーチブランドBEAMS

>>>https://www.beams.co.jp/

セレクトショップだからこそって部分はありますけど、カルチャーを大切にしているビームスのフィルターを通すからこそできあがるコラボアイテムにはいつも注目しています。

 

あんまり大きく「BEAMS」って書かれてるのは勘弁だけどちゃんと大人っぽいポーチも多く出ていますよ。

 

このあたりは常に変動するのでビームスの公式ページからチェックした方が最新アイテムを買えます。

上記でも紹介したスタンダードサプライの別注ポーチ。

別注なので定番はありませんから、かぶる率が極端に低くなります。

 

こだわっている男性ならコラボは随時チェックしておくといいですよ。

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

【画像】オススメのポーチブランドユナイテッドアローズ

>>>https://store.united-arrows.co.jp/

ビームスと比較すると、ビジネス寄りキレイ目寄りです。

 

品があるアイテムを多く展開しており、大人っぽい感じ。

 

アローズも完全オリジナルより私は別注が好きです。

マーガレットハウエル別注のポーチ。下↓

 

この商品自体は内装などもシンプルな機構となっていてもはや雑多に入れるポーチとしてしか機能しませんが、デザインがかわええじゃない。

 

ショップオリジナルなどは変動激しいから公式サイトから最新情報を取得した方が良さそうです。

最後に

ブランドというフィルターもあなたを表現する重要なベンチマークとなりますから、画竜点睛を欠かない小物選びをしていくべきです。

 

とは言え、何事もバランス。

 

お洒落というのは、常に相対するアイテム同士の調和から成り立っているため、カッチリしている人がカッチリしたアイテムばかりで固めていたらつまらないし、かと言ってポップ過ぎたらチープになる。

 

このバランスが難しいのですが、今回紹介したブランドのポーチを選べば間違いないでしょう。

 

それでは、本日も情報とモノをポーチに詰めて精進しましょう。

今日は以上!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもシェアしていただいてありがとうございます。

これからも「クスッと笑えて役に立つ」コンテンツの配信頑張ります。

今日も↓↓↓のボタンからシェアお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
イメージアップクリエイター。30代。人生をスマートに生き抜く外見戦略を発信してます。世の中の7割に好印象の”イイ男”量産計画中。ゆるく”ムダ”なく生きたい人。娘のプールデビューに向けてガチでダイエット始めます。
詳しいプロフィールはこちら

<広告>



<広告>











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です