30代の男性に向けて『最速で外見を整える』をテーマに発信しているファッションブログ。ブロガースタイリスト”水沢ひろし”が運営。メンズコーディネートの専門家。メンズコーディネートをメインに取り扱い、ガジェットやライフスタイルの発信をしています。

メンズコーデの救世主!【BROSKI&SUPPLY】の防水レザーリュックがオンオフ使えて死ぬほどおすすめ

 
【画像】BROSKI&SUPPLY/ブロスキーアンドサプライ防水レザーリュック
この記事を書いている人 - WRITER -
5社の転職、3度の無職、借金600万円から這い上がった30代ブロガー。最短で「外見を整える」ブログは2.5万PV/月。食欲旺盛なダイエッターでもある。#zozoのビジネススーツPRで表参道オフィス(ゾゾテク)に潜入してきました。
詳しいプロフィールはこちら

リュックは機能性と合わせやすさが肝心です。

皆様ごきげんよう。
ブロガースタイリストの”ミズヒロ”(@niche_hm)です。

最近知ったのですがバッグを狙って買っている人って実は少なくて、実際は衝動買いが多いというデータに驚きました。

なんでも自分の感覚って信じれないですね〜。

私なんかは情報収集から入るタイプなので、皆様も同じく狙って買っているもんだと盲信的になっていました。

が、実際は衝動買いが多いっていう。

服と比較するとトレンドの変動が少なく長く使うのに、衝動に駆られて購買に至る感覚が不思議でしかない。

けど、せっかく(運命のバッグに)出会ったのに対応したスタッフの知識が足りず悩んでしまうのは残念過ぎます。

 

ということで、今回は購入を検討されているあなたに向けて実際に私が使ったレビューも含め、『BROSKI&SUPPLY(ブロスキーアンドサプライ)のリュックってどうなの?本当に防水なの?機能面はどうなのよ?』と、購入前に気になる部分を解説します。

レザー×防水×スクエア=ON/OFF兼用ビジネスリュック

【画像】BROSKI&SUPPLY/ブロスキーアンドサプライ防水レザー公式ページ引用:http://broskiandsupply.com/main/

”レザー×防水×低価格”の三拍子を実現させた「BROSKI&SUPPLY(ブロスキーアンドサプライ)」のスクエアリュックなんですが、まーこれがすごい。

本体に使われてる革は、”umbrella WATER PROOF LEATHER”(アンブレラ ウォータープルーフレザー)といって、鞣しの段階で撥水剤を革に刷り込み防水性を高めたレザーを使用。

さらにファスナーは止水ファスナー(防水ファスナー)を採用しています。

ちなみに、アンブレラ ウォータープルーフレザーについてのメーカー説明は以下。

<umbrella WATER PROOF LEATHER>
吸いつくようなしなやかな肌触り、主張し過ぎない光沢感を出した『umbrella WATER PROOF LEATHER』。特殊な薬剤を革の繊維に馴染ませ、本来革の持つ質感を保ったまま、強力な防水性.撥水性を持たせました。水染み(ウォータースポット)のような跡が残ることもありませんので雨の日でも安心してご愛用頂けます。”濡れたら拭くだけ”お手入れが簡単な所も魅力の一つです。柔らかさにこだわり、とても肌触りの良い革に仕上がっております。
引用:http://broskiandsupply.com/material/

つまり、革本来の良さを保ったまま防水かつお手入れが簡単なレザーというわけ。

皮革製品は10日に1回、10分程度ですがお手入れしている私にとって濡れたら拭くだけのレザーって時点で超魅力的でした。

また、防水レベルもなかなかのもの。

さすがにリュックを背負ったまま海に入ったら、ダブルファスナーの間から徐々に浸水していくだろうけども、生活レベルの防水ならまったく問題なしです。

これは私自身が検証済みで、実際に傘なんてさせない程の暴風大雨の日に使ったのですが、内部への浸水は全くなく中身は一ミリも濡れませんでしたし、革にも水染みはできませんでした。

しかも革は雨に濡れると水分と一緒に油分も飛ぶので固くなります。

が、このアンブレラ ウォータープルーフレザーは水が革に浸透しないため、革がびしょ濡れになっても軽くタオルで水分を拭き取る程度で十分。

まったく革が固くならないのですよ。

これには素直に感動しました

し・か・も、これで価格が税込21,384円ですからね。

これまでのレザーはというと…、

  • 水に弱い(水染みができるし、乾燥したらすぐに保湿をしないと固くなって使えない)
  • カッコいいけど値段が高い
  • デリケートで扱いに気を使う
  • お手入れがマジ面倒(一般的な革は人間の皮膚と同じで乾燥が大敵です。栄養剤と油分を補給し、しっかりと防水スプレーでプロテクトしないと色抜けやひび割れが起きます)

というレザー特有のデメリットをメリットと比較検討し、ある種妥協して購入する感がありましたが、ブロスキー&サプライのレザーはこの概念を刷新する全く新しいレザーリュックなんです。

とにかく”シンプル”だけど革の艶感が大人っぽくて合わせやすい

一周回って最後はシンプルなリュックに行き着きます。

私はこれまで腐るほどバッグを買ってきましたが、シンプルなレザーバッグは主張しないためコーディネートの邪魔をしません。

むしろ全体のイメージを格上げします。

だから、気兼ねなく背負えるんです。

ヘビロテするバッグの条件
  • お手入れがとにかくシンプルであること
  • デザインがベーシックで高級感のあるもの
  • 内装がシンプルであること(沢山機能付いていても結局使わなくなる)

特にビジネスシーンにおいてのベーシックは相手への敬意を示すもの。

プライベートとビジネスで兼用をお考えのあなたにはフィットするデザインです。

防水レザーリュックBROSKI&SUPPLY(ブロスキーアンドサプライ)の詳細

スペック

ブランドBROSKI&SUPPLY(ブロスキーアンドサプライ)
商品名 HUB(ハブ)
品番BBOM-256
サイズW290/H450/D90
価格21,384円(税込み)

いやいや、冒頭でも言いましたが嘘じゃありませんし、見間違いでもありません。

  • オールレザーで、
  • 防水で、
  • 艶感のある洗練されたデザインで、
  • ビジネス・カジュアル兼用で

税込21,384円って…。

プロでも驚く価格と質。

他ブランドで探してもまー見つからないでしょう。

 

※2018年8月現在HUB,HUB2の展開(在庫)がありません。最新版のHUB3はこちらから↓↓↓

HUB1~3と比べて若干コンパクトなリミテッド版が破格で登場!

これまでのモデルがちょっと大きく感じていたあなたはマジでおすすめ。高さと幅がちょっとコンパクトになって、奥行きはしっかり12cmあります。

このくらいのサイズだとユニセックスでも使える。

シンプルな外観、使いやすいフロントポケット

【画像】防水レザーリュックのフロントスタイル

フロントポケットは財布、スマホ、定期がバッチリ入ります。

意外に深めなので、ラウンドウォレットや長財布もしっかり収納可能。

当たり前だけど入れすぎるとマジで出しにくくなるため注意が必要です。

【画像】防水レザーリュックのバックスタイル

バックスタイル。隆起したクッションと本体の間から、空気が通るため蒸れ防止とのこと。

まあ、実際はあんまり恩恵はない感じですけど。

夏は普通に蒸れるし、汗かくし。

フラットなタイプ(3wayとかの仕様)と比較すると緩衝材も厚めに入っていて背負いやすい。

【画像】防水レザーリュックのファスナー部分(止水ファスナー)

止水(防水)ファスナー。

水の侵入を防ぎます。

開閉がちょっと硬いけどここはしょうがない。

【画像】防水レザーリュックのフロントポケット

フロントポケット左側にはスマホが入るサイズ。多分iPhone8plusとかまで入ると思う。

私は出し辛いから入れないけど。

右側のメッシュポケットは中身が見えるから便利。

ここに充電器とか、イヤホンとか入れてます。

【画像】防水レザーリュックの下部フロントポケット

冒頭でも触れましたが、意外に深いフロントポケットです。

結構なんでも入ります。

酔っ払って沢山入れると、マジで財布が出なくなるから本当注意した方がいい。

タクシーで焦るから。

【画像】防水レザーリュックの下部フロントポケットファスナー

ファスナー部分。オリジナルの引き手を使用しています。

「BROSKI &SUPPLY」ブランド名の刻印入り。

こういう小さいこだわり大事。好きです。

【画像】防水レザーリュックの上部フロントポケット

フロントポケット部分には、ブランド名の刻印と左上にイヤホンホールがついています。

ん?イヤホンホール?

てことは、中からイヤホンが出るのかと思いますよね?

思いましたよね?

僕も思いました。

上段のフロントポケットにスマホ入れて、閉じた状態でイヤホン出るんだ!って確信しました。

やってみると、

出ない…(´・_・`)

って、出ないんかい!飾りかい!

 

こんな拍子抜けのデザインやめてくれよ。

「やるならちゃんとやろうぜ!チックショー!」

と思いましたが、何もなかったらのっぺりしちゃうからデザイン上やっぱりあってもいいかもと思いました。

【画像】防水レザーリュックのファスナー引き手

フロントポケット部分とメインファスナーは、「輪っか」の引き手。

これが意外に使いやすい。

物をもっていて手が塞がっている時でも指一本で開けれちゃう。

普通のファスナーの引き手だと、”つままなきゃ”いけないのが指を”引っ掛けるだけ”でいけちゃう優れものです。

【画像】防水レザーリュックの内装pcポケット

PCスリーブ付きで、15インチまで収納可能。

そのままグサッとがいいです。PCケースに入れるとバッツバッツになる。

【画像】防水レザーリュックのPCポケットにマックブックエアー入れてみた

上画像はマックブックエアー13インチ。これなら余裕で収納可能です。

普段パソコン使わないなら、A4の方眼ノート入れてもいいし、書類入れてもいいし、ファイル入れてもいいし、タブレット入れてもいいし。

私は最近パソコンの持ち運びが面倒なので、ipadとキーボード入れてます。

【画像】防水レザーリュックの内装二つポケット

内装部分。小さいポケットが二つ付属しているため、そこそこ頻繁に出し入れする小物入れに便利。

ここにはメガネとマウス入れたりしている。

フロントポケットよりは頻度は低くてPCを使う時に使うアイテムを収納しています。

【画像】防水レザーリュックのハンドル部分

ハンドル部分。手で持つ時にがっちりホールドできる

これね何気に電車の中や商談前はめっちゃ便利。手が痛くならない。

【画像】防水レザーリュックの最下部ポケット

一番下になぜかポケットがついています。一度も使ったことはないんだけど。

これに関しては完全に”謎”でしかない。

折りたたみ傘も入らないし。

秘密の道具を入れたら、絶対忘れるしな〜。

使う日来るかな〜。この隠しポケット。

 

※2018年8月現在HUB,HUB2の展開(在庫)がありません。最新版のHUB3はこちらから↓↓↓

※2018年HUBのリミテッドモデルが登場!

ちょっとコンパクトでしっかり奥行きがある限定モデル。オールレザーで税込19,980円という破格なので、売り切れ必須です。

これまでのHUBだと大きすぎると感じていたあなたや女性でも使えるコンパクトなサイズ感がいい感じ。

オールレザーで税込20,000円切るってどういうこと?みたいなリミテッドモデルです。

最後に

スクエア型のリュックはブリーフケースを連想させるため、ビジネスリュックの中では最もベーシックな形です。

今回紹介したブロスキー&サプライはベーシックなレザーリュックなため、ビジネスシーンでも全然問題ないと思うけどやっぱり職業にもよりますか。(クールビズが整備されていない会社にお勤めの方は敬遠しちゃいますよね)

けど、挑戦できる環境にいてリュック未挑戦のあなたはエントリーモデル的な感覚で挑戦してみるといいですよ。

ビジネスだけじゃなく、カジュアルも兼用できるという点は私的にはかなり高得点。

休日だからってバッグを変えるの面倒じゃないですか。

こうやってデフォルト化できるアイテムがあると、休みの日のコーデも楽できるので超絶オススメです。

気になる方は是非チェックしてみてくださいませ(`_´)ゞ

 

今回紹介したモデルのアップデートモデルも紹介するよ

公式ホームページ

【画像】ブロスキーアンドサプライの公式ホームページ

>>>https://broskiandsupply.stores.jp

HUB(今回紹介したモデル)

もう生産してないっぽい。このモデルが一番好きなんだけどな〜。(2017年11月)

第一弾アップデートモデルHUB2

主な改良ポイントは下記。

HUB2の改良ポイント
  • 奥行きが広くなった
  • フロントポケットがL字からラウンドに変更
  • フロントファスナーが左右に付いた

これ普通よさげです。

初期モデルは意外に奥行きが狭いため弁当入れて、書類ガッツリ入れる方なんかには物足りないはずです。

あと、右利きの方はリュックのフロントポケットから財布を取り出すとき、左側から取り出すことが多いと思うんですが、初期モデルはフロントポケットのファスナーが右に付いているんですよね。

なので慣れるまで時間がかかったのですが、改良版では左右についているので利き手問わず出し入れがしやすいです。

ビジネスでも使うならこのモデルが一番おすすめ

最新版モデルHUB3

革の素材感、持ち手が大幅に変更。

素材はマットなものから光沢のあるものへ。持ち手は、普通のリュックの持ち手に変更。

また、フロントポケットも片方だけになった。

個人的には微妙なアップデートすかね〜。

HUB1、HUB2が大好きだったので、なんか別物っぽい印象です。

これまでのモデルを知っている方には物足りないかもしれませんが、これから防水レザーに挑戦する方にフィットするモデル

高い防水性と高コスパは健在です。

2018年HUBのリミテッド版が登場!

税込19,980円という超破格。リミテッドにふさわしいスペックです。

HUB2を踏襲したデザインですが、全体的にコンパクトになっています。

HUB1と比較すると「高さが5cm、幅が2cm、奥行きが3cm追加」されたモデル。

奥行きがしっかりあるため、幅のある弁当も入るしパンパンに膨れ上がったポーチも入る。

コンパクトなサイズをお求めのあなたや嫁とシェアしたいあなたはこのリミテッド版、超絶フィットしまっせ!

 

それでは、本日もビシッと汗と水を弾いて精進しましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「クスッと笑えて役に立つ」コンテンツの配信頑張ります。

今日も↓↓↓のボタンからシェアお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
5社の転職、3度の無職、借金600万円から這い上がった30代ブロガー。最短で「外見を整える」ブログは2.5万PV/月。食欲旺盛なダイエッターでもある。#zozoのビジネススーツPRで表参道オフィス(ゾゾテク)に潜入してきました。
詳しいプロフィールはこちら

<広告>



<広告>











Comment

  1. とおりすが より:

    底のポケットですが、Suicaなど交通系ICカードを入れておいて、リュックの底を改札にタッチさせて通るためのものではないかと。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です