現役スタイリストが「一緒にいたい人」をインキュベートするブログ

30代メンズの”夏コーデ”を劇的に整える4つのテクニック

 
【画像】夏の30代コーディネート
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
『一緒にいたくなる人』をコーディネートするスタイリスト。着こなしを教えたりコーデを組んだりしてるおっさんです。0→1を踏み出す”お洒落の方法論”と”考え方”を発信します。妻とおてんば娘と三人暮らし。今年こそマジで痩せてやる!
詳しいプロフィールはこちら

まったく死ぬほど暑いですね〜。完全に夏の到来です。

 

着用する選択肢が減って毎日のコーディネートが気楽になる分、単調になりがちなメンズの夏服でお悩みのあなたにズームイン。

 

皆様ごきげんよう、ブロガースタイリスト”ミズヒロ”(@niche_hm)です。

 

冒頭から我が家の話で申し訳ないんですが、先日ようやくソファのマルチカバーを”もふもふ”の冬素材から清涼感たっぷりのマルチカバーに切り替えました。

 

座ってるだけで吹き出る汗で晩酌をしても苦しい日々が続いていましたが、これで安心して寝落ちすることができますw

 

さて、夏になると着用するアイテムが激減し「プリントTシャツに太めのショートパンツでなんか違う」という方を多く見受けられますが、どうも野暮ったいため今回はTシャツでお洒落を作る簡単な着こなしテクニックを紹介します。

 

クソ簡単なくせに、一瞬で雰囲気が変わるので是非実践してみてください。


カジュアルになりがちな夏

夏は他の3シーズンと違って『トップス、ボトムス、シューズ』に絞られることで、コーディネートが単調になりがちです。

 

だからと言って、「お洒落のために真夏にストール巻けよ」とか豪語する雑誌とかキチ◯イとしか思えないので、ストールなんか巻く必要は一切ありません。

 

絶対無理です。

首にバンダナでも絶対無理。

 

悪いが「暑いけど、我慢してお洒落しよう!お洒落は我慢だ!」というアホには私はついていけません。

 

快適でお洒落。それが私のモットーです。

夏の着こなしテクニック1:Tシャツロールアップ

夏のマストアイテム、Tシャツの着こなしがどうも野暮に見える理由は”袖”にあります。

 

ラッパみたいに広がるこの袖の膨らみが、横に広がってしまい体を大きく見せてしまいます。

 

最近は国内の着こなしとして定着して来ましたが海外でのスナップでは定番の半袖をロールアップしましょう。

 

パンツ同様、細く巻くことで袖回りをスッキリ見せます。

【画像】ロールアップ半袖引用:https://otokomaeken.com/mensfashion/17815

のっぺりさせるのではなく、スタイルに凹凸をつけメリハリを持たせる。

 

コーディネートを立体的に見せることで体の大きさまでもカバーすることができるんです。

無地だとつまらなく感じて、派手なプリントTやチェックシャツを羽織ったりしてしまうんですが、なんかイケてない原因はそういう”余計”なものだったりします。

 

無地Tとスリムパンツをロールアップして合わせるだけで普通にコーディネートは整います。

【画像】シンプル夏ロールアップ 画像引用:http://fashionsnap-freaks.net/2014/07/08/photo-2180/

夏の着こなしテクニック2:ボトムス選び

秋になるとテーラードジャケットやカーディガン、ブルゾンと選択肢が広がるのですが夏はトップス選びがとても単調。

 

夏はTシャツ(無地、プリント)、シャツ、ポロシャツ。以上!

 

上記でも触れた通り洗練された印象を保つには無地がベストですが、Tシャツは自由であるべきだという考え方も捨てきれないので、トップスがカジュアルに偏る分パンツでコーディネートバランスを調整します。

 

チェックシャツに色落ちデニムやチノ素材のボトムスはどうしてもカジュアル色が強く、子供っぽく見えがち。

 

なので、パンツはダークトーンを選ぶこと。

 

ブラック、ネイビー、チャコールあたりを中心に。

 

上半身がカジュアルに依存する分、ボトムスは大人っぽいアイテムでバランスを取るべき。

 

洗いのかかってるもの(古着っぽいもの)ではなく、光沢感(ツヤ)のあるものが大人っぽく簡単にコーディネートのバランスを取れるのでオススメです。

 

ちなみに「ショートパンツを穿くなら丈に気をつけた方がいいかもしれないよ」の話はコチラから↓

夏の着こなしテクニック3:小物使い

単調になる夏のコーデを盛り上げるアイテムがブレスレット。

 

というのも『手首』というのは視線が集中する場所なため、何もつけずに放置してしまうとなんか寂しい印象になります。

 

「何もつけるアイテムがなければヘアゴムをつけましょう。」と、言い切るスタイリストがいるほどに手首は重要なポイント。

 

私的には、wakami(ワカミ)というブランドがイチオシ。

 

買いやすい価格帯かつ、エキゾチックな雰囲気シンプルなコーディネートによく合う。

公式サイト↓

【画像】wakamiブレスレット>>>

>>>http://www.beams.co.jp/special/wakami/

着こなしテクニック4:夏のシューズ選び

なにはともあれ「大人」を意識するのならばクロックスやビーサンはやめましょう。

 

なぜかというとメンズコーディネートは大人っぽく仕上げることがひとつの目安であり、他者から評価されるポイントになります。

 

クロックスは分厚いソールに、ボテッとした形がカジュアル色を強めてしまいコーディネート全体を子供っぽくしてしまうんです。

 

色んなブランドがありますが、私のオススメはビルケンシュトック。

 

というか、どんなサンダルを選んでいいか分からなかったらとりあえず一足持っていても損はありません。

 

見たことある方多いと思いますが、ビルケンシュトックのTHE・定番「アリゾナ」は間違いない。下↓

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)公式サイト↓

【画像】ビルケンシュトック>>>

>>>http://www.birkenstock.com/jp?gclid=CjwKCAjwtdbLBRALEiwAm8pA5a3rfQ7vNb8PCxrwtlXCb9Vq-G98IPwN1zePTOqSdFhQuEybRWNkpBoC5V4QAvD_BwE

最後に

夏は「トップス・パンツ・シューズ」の三要素で構成されるため、他の季節から比べて面白みが減ります。

 

その分「小物や着こなし」でカバーすると印象がずいぶん変わりますし、選択肢が増えてコーディネートが楽しくなります。

 

クソ簡単なので、是非取り入れてみてください。

 

夏のコーデを整える4つのテクまとめ
  1. Tシャツの袖をロールアップして野暮ったさを排除
  2. トップスがカジュアルになるので、スラックス素材や落ち着いた色味のボトムスを選ぶ
  3. 手首は視線が集中するためブレスレットを配備
  4. サンダルはビルケンシュトックが無難(エスパドリーユもいいよ

 

さあ、夏の本番だ!

裾とハートを巻いて上げて今日も精進しましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CHECK!
次のページでは、洋服選びを変えたら家庭の雰囲気まで変わってしまったテクニックをご紹介します。

私は16年メンズアパレルの第一線で活動し、1000人以上のお客様を接客してきました。

その中でよく話題に上がるのが家庭内のパパのポジション。

会社と家庭と育児の「三足の草鞋」を履いてヘロヘロなのに、

  • 妻には「あんた、本当だらしないわね」とけなされる…。
  • 娘には「パパはダサいから一緒に出かけるの恥ずかしい〜。」とディスられる…。
そんなファッションが苦手なあなたも私が作り上げたebook「好印象の黄金ルール」を身に付ければ家庭内の信頼を回復させることができます。

今だけ期間限定で無料公開しているので次のページよりダウンロードしてみてください。

ダサい人が陥りがちな洋服選びの基本から解説しています。

次のページ>>「一緒にいたくなるお洒落な人」を構築するたった1つのテクニック

 

最短距離で『一緒にいたくなる人』になれる外見構築ノウハウをつぎ込んだ電子書籍を無料で配布することにしました

総ページ50ページ以上のボリュームの電子書籍です。

これまでの「あれ?なんか違うかも?」という違和感を分かりやすく解説し、費用対効果を10倍にアップさせる魔法のコーデノウハウです。

ぜひ、あなたのコーディネートにお役立て下さい。

今だけ期間限定で無料となっていますので、今のうちにゲットしてください。

最速で変わる外見の強化書

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
『一緒にいたくなる人』をコーディネートするスタイリスト。着こなしを教えたりコーデを組んだりしてるおっさんです。0→1を踏み出す”お洒落の方法論”と”考え方”を発信します。妻とおてんば娘と三人暮らし。今年こそマジで痩せてやる!
詳しいプロフィールはこちら

<広告>




<広告>




<広告>