現役スタイリストが発信する”印象爆上げ”ブログ

【永久保存版】大人の当たり前!「TPO」に合わせた服選びの基本の”き”

 
【画像】TPOに合わせた服選び
この記事を書いている人 - WRITER -
イメージアップクリエイター。30代。人生をスマートに生き抜く外見戦略を発信してます。世の中の7割に好印象の”イイ男”量産計画中。ゆるく”ムダ”なく生きたい人。娘のプールデビューに向けてガチでダイエット始めます。
詳しいプロフィールはこちら

空気読みすぎて空気みたいになるなとは言うけど、さすがに会議にTシャツ短パンじゃ出席できねー。

ということで、空気はしっかり読んで主張するとこしっかりしましょ。

 

皆様ごきげんよう。ブロガースタイリスト”ミズヒロ”(@niche_hm)です。

 

やっぱりね〜、外せない瞬間があるんですよ。男には。

しかも一回じゃなくて何度も。

あれ?

前回、嫁の誕生日にドレスコードありのレストランでどんなの着たっけ?

ミズヒロ

来週は重要な打ち合わせなんだけど、実際どんなの着ればいいんだっけ?

ミズヒロ

みたいな時に役立つTPO別正解コーディネートを今回はまとめます。

 

やっぱり普段どんなにふざけていても、決める時に決めれれば信頼されますから。

 

逆に普段どんなに真面目でも決めれる時に決めれらないというのは、頼りないし半人前です。

そもそもTPOとは?

TPOと聞いて即答できて、全てのシーンで着るアイテムが決まっているあなたは今回の記事はスッ飛とばしましょう。

 

が、TPOと聞いて、『あれ?こんな時は何着ればいいんだっけ?』みたいに疑問を感じたあなたは今回の記事をブックマークして、いざという時に役立ててください。

 

まずTPOとは、下記のことを差します。

  • time(時)
  • place(所)
  • occasion(場合)

まあ、知ってますね。

 

『時と場所と場合』によって、空気を読みましょうね。ということです。

どうしてTPOをわきまえた服装をしなきゃいけないの?

服装や振る舞い方が「時と場所、目的」に合わないとモラルが低いと判断されてしまうため。

なんです。

公共性が高い場所で、「常識を知らない人」というレッテルを貼られ、不快感やその場の空気を壊す要因になりかねないわけ。

 

ブランドを品を着てどれだけ自分がお洒落だということをアピールしたとしても、常識を知らない人には常識は壊せないものです。

 

人と同じが嫌なら、まずは常識を身につけること。

 

常識を身につけた上で個性を組み込むことで初めて評価されるオリジナルが完成します。

決めれる時に決めれる”男”であれ

もうどんなに普段ふざけていてもいいと思うんです。

私なんかもう真面目な時の方が少ないですし。

 

でもね、私は「今!ココ!決める瞬間!!」という時の触覚がめちゃ敏感で、ハズしてはいけない時にはしっかり決めます。

 

だからこそ、そこに割くコストも半端じゃありません。

中途半端にやって信用を失うくらいなら、普段からふざけたりしません。

 

もうこれは、我が家の家訓とも言うべきものでして、昔から母に、

「決めれる時に決めなさい。それ以外はどんなにテキトーでもバカやってもいいから。」

と、教えられてきました。

でも考えてみれば実際にそうです。

 

めっちゃテキトーな人ほど、決める時に決めれる人だと信用に箔がつくし、男の格が上がるんです。

考えてもみてください。

 

身近な普段スウェット上下でめっちゃテキトーなヤツが、10年付き合ってる彼女の誕生日にしっかりスーツを着込んで、レストランに行ったというだけでも別格に信用がつくと思いませんか?

そういうことですよ。

TPOに合わせた服選び

ここからはTPOに合わせたコーディネートの基本を押さえていきます。

ビジネス(デイリースーツ)

【画像】デイリースーツ

毎日使うものだからバリエーションを。と、ダークカラースーツの2着目はライトグレースーツというのは間違いです。

 

理由は色が明るくなるほど色味のバランスを取るのが難しくなるためです。

 

ですので、毎日使うものだからこそデイリースーツはベーシックなダークカラースーツがおすすめ。

1着目ダークネイビー、2着目ダークグレー、3着目でようやくネイビーストライプ(線の感覚が狭いもの)が登場、スーツの着こなしに慣れて来た4着目でようやくライトカラーに挑戦してもいいでしょう。

 

スーツのコーディネートはスーツの色で印象を変化させるのではなく、シャツとネクタイ、ポケットチーフで変化をつけるのが基本です。

 

また、人の視線は”先端”に集中するため、靴はまめにお手入れをして上質な革靴を履くと信頼感アップ。

スーツ初心者は、ストレートチップかプレーントゥがどのスーツにも合うので持っておいて損はありません。

ストレートチップ

【画像】ストレートチップ引用元:https://mens.tasclap.jp/a1652

プレーントゥ

【画像】プレーントゥ引用元:https://founy.com/product/329100000555441

プレゼンや商談

【画像】プレゼン

相手先への敬意と信頼を勝ち取るためのスーツ選びをゴールとします。

 

そのため遊びが利いたデザイン(チョークストライプなど)のスーツは避け、無地や細いストライプを基本とし、上質な白シャツ・上質な無地のネクタイ・靴はブラックのストレートチップがおすすめです。

 

ビジネス上でのベーシックは相手への敬意を示すもの。

 

ここぞという瞬間にこそ”ベーシック×上質”の組み合わせが最強です。

面談・転職面接

【画像】転職面談・面接コーディネート

日本は就職活動の時ブラックスーツを着用するため、欧米では日本の学生を「毎日パーティしてるのかい?」と揶揄されることもあるほど。

 

実は黒いスーツというのはもっともフォーマルな装いなんです。

 

転職の面接の時にブラックスーツを着てしまっては”残念な人”になってしまうため、上記のプレゼンや重要な商談の時と同様、無地を基本として上質なベーシックなアイテムが正解です。

高級レストラン

【画像】高級レストランコーデ

彼女の誕生日や結婚記念日、しっかりと決めるべき瞬間がここ。

決めれる男は仕事だけじゃなくプライベートもしっかり決めて一人前ですからね。

 

さて、肝心の服装は”ジャケパン”で問題ないでしょう。

 

もちろんスーツでも構いませんが、普段着慣れない場合はちょっとやりすぎ感が出ちゃいますからね。

 

コーディネートのポイントは以下3つ。

 

  • シャツを着る(インナーはTシャツやニットなどを避ける)
  • ポケットチーフを挿してドレスアップする
  • 革靴を履く(スニーカーは履かない)

 

普段スーツに馴染みがなくても、シャツにジャケットを羽織って、革靴を履く程度ならそこまで障壁は高くないはずです。

 

女性をエスコートする際は軽いドレスアップをしましょう。

 

やっぱり大切に扱ってくれているという特別感がすんごく嬉しいですからね。

 

しっかり演出してバッチリ決めてくださいませ。

結婚式

【画像】結婚式の服装

ようやくブラックスーツの出番です。

 

とは言っても就職活動で使ったブラックスーツとは大きく以下の三点が違います。

 

  • 素材(上質なウールを使用)
  • 色(黒の深さ)
  • ノーベント

 

上質なウール素材を使用し、生地の色は同じ黒でも深みのあるディープブラックがフォーマルの基本。

 

そして、ノーベントが基本です。(ベントとはジャケットの裾に入ってる切り込みのこと)

 

そもそもベントとは動きやすくするために開発されたため、略礼服に用いられるブラックフォーマルにはノーベントが正解です。

 

シャツは織り柄等入っていない白のブロードを選び、襟型はベーシックなワイドスプレッド(レギュラーカラー)を選びます。

ネクタイは白かシルバーのどちらか(目立たなければ織り柄が入っていても問題ありません。)を選びVゾーンを華やかにするためディンプルを作り、ポケットチーフを差します。

 

ちなみに、ポケットチーフはシルクがもっともフォーマルだと思われがちですが、実はリネン素材の白のチーフがもっともフォーマル。

 

リネンは型崩れがしづらいため、スリーピークスかTVホールドがおすすめです。

※注意 結婚式では黒のネクタイ、派手な色のシャツはNGです。

結婚式二次会

【画像】結婚式二次会

挙式から二次会へ参加する場合は、着用しているスーツのままで構いませんが二次会から参加する場合は「どこまで崩してオッケーなの?」という部分が気になるところです。

 

結論から言いますと二次会から参加する場合は、ブラックスーツを着用してもビジネススーツに派手なシャツでも問題ありません。

 

最近はカジュアルな二次会が増えているので、服装は自由度が高く華やかに装うことができます。

 

上下”白”は超マナー違反ですが、基本的にはそれ以外はオールオッケーです。

お葬式

【画像】葬式用コーディネート tpo

結婚式と同じブラックスーツで問題ありませんが、ネクタイはプレーンノット、チーフは差さないが基本です。

 

シャツは織り柄のないブロード地を選び、ネクタイは黒。

靴は黒のストレートチップ、靴下も黒を着用します。

 

おめでたい場ではないため、色は黒と白に統一します。

最後に

常識を知ることが”決めれる男”になる第一歩。

 

印象は『内面より正面』ですから。

 

普段テキトーなあなたほど効果が高いTPOコーディネート施策。

うやむやにしないで、要所要所で実践してみてください。

 

間違いなく信用は格段と上がりますよ。

今日は以上!

 

バッチリ決めたいけど、自分サイズのスーツがないというあなたはこちらから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもシェアしていただいてありがとうございます。

これからも「クスッと笑えて役に立つ」コンテンツの配信頑張ります。

今日も↓↓↓のボタンからシェアお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
イメージアップクリエイター。30代。人生をスマートに生き抜く外見戦略を発信してます。世の中の7割に好印象の”イイ男”量産計画中。ゆるく”ムダ”なく生きたい人。娘のプールデビューに向けてガチでダイエット始めます。
詳しいプロフィールはこちら

<広告>



<広告>











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です